土曜日の夜 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土曜日の夜
トム・ウェイツスタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年 ハリウッド
ジャンル ロックジャズ
時間
レーベル アサイラム・レコード
プロデュース ボーンズ・ハウ
専門評論家によるレビュー
トム・ウェイツ 年表
クロージング・タイム
(1973年)
土曜日の夜
(1974年)
娼婦たちの晩餐〜ライヴ
(1975年)
テンプレートを表示

土曜日の夜(The Heart of Saturday Night)は、トム・ウェイツ1974年に発表したセカンド・アルバム。

解説[編集]

デビュー作『クロージング・タイム』の音作りに不満があったトムは、よりジャズ色の強い音作りを目指し、プロデューサーにボーンズ・ハウを起用。ボーンズは、オーネット・コールマンの出世作『ジャズ来るべきもの』等でレコーディングエンジニアを務め、1960年代中期からはプロデューサーとしても活動した人物。レコーディングには、マイク・メルヴォイントム・スコット等、経験豊富なジャズ・ミュージシャンが参加した。

セールス面では成功しなかったが、今日ではトムの初期の代表作とする声も多く、ローリング・ストーン誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500では339位にランク・イン[1]

歌詞[編集]

トムは無名時代にピザ屋の店員として働いており、夜に活動する多くの人々を見てきた。トムが作る歌詞は、そうした経験に裏打ちされているものが多い。「ゴースト・オブ・サタデイ・ナイト」のサブタイトルにある「Napoleone's Pizza House」とは、トムがかつて働いていた店の名前。

収録曲[編集]

全曲・作詞作曲トム・ウェイツ。

  1. ニュー・コート・オブ・ペイント - "New Coat of Paint" - 3:23
  2. サンディエゴ・セレナーデ - "San Diego Serenade" - 3:30
  3. セミ・スウィート - "Semi Suite" - 3:29
  4. シヴァー・ミー・ティンバース - "Shiver Me Timbers" - 4:26
  5. ダイアモンズ・オン・マイ・ウィンドシールド - "Diamonds on My Windshield" - 3:12
  6. 土曜日の夜 - "(Looking for) The Heart of Saturday Night" - 3:53
  7. ブルースを弾きながら - "Fumblin' With the Blues" - 3:02
  8. プリーズ・コール・ミー、ベイビー - "Please Call Me, Baby" - 4:25
  9. デポー、デポー - "Depot, Depot" - 3:46
  10. ドランク・オン・ザ・ムーン - "Drunk on the Moon" - 5:06
  11. ゴースト・オブ・サタデイ・ナイト - "The Ghosts of Saturday Night (After Hours at Napoleone's Pizza House)" - 3:16

カヴァー[編集]

  • 「ニュー・コート・オブ・ペイント」は、ボブ・シーガーが『The Fire Inside』(1991年)でカヴァー。
  • 「シヴァー・ミー・ティンバース」は、ベット・ミドラーがアルバム『Songs for the New Depression 』(1976年)でカヴァー。
  • 「土曜日の夜」は、ジョナサン・リッチマンがアルバム『ユー・マスト・アスク・ザ・ハート』(1995年)でカヴァー。同曲はホリー・コールによるトム・ウェイツ作品集『Temptation』(1995年)でも取り上げられた。

参加ミュージシャン[編集]

※日本盤CD(AMCY-3042)歌詞カードに記載されたクレジットに基づく

脚注[編集]