土屋昌恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
土屋昌恒
Katsuyori died at Mt.Tenmoku 01.jpg
『天目山勝頼討死図』(歌川国綱画)。中央部分に「土屋惣蔵」として描かれている。
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 弘治2年(1556年)?[1]
死没 天正10年3月11日1582年4月3日
改名 惣蔵(幼名)、昌恒
別名 片手千人斬り(異名)、道節(法名)
戒名 忠叟道節大禅門院
墓所 長盛院(山梨県南アルプス市
官位 右衛門尉
主君 武田信玄武田勝頼
氏族 金丸氏土屋氏
父母 父:金丸筑前守(虎義)、養父:土屋貞綱
兄弟 昌直昌続昌詮金丸定光昌恒
秋山親久
岡部元信の娘
忠直、婿:土屋嘉兵衛(重虎)
テンプレートを表示

土屋 昌恒(つちや まさつね)は、戦国時代から安土桃山時代武将武田氏の家臣で譜代家老衆。金丸筑前守(虎義)の五男で、今川旧臣・武田家海賊衆の土屋貞綱の養子。

片手千人斬り」の伝説と異名を持つ。

生涯[編集]

生誕[編集]

武田氏の家臣で譜代家老衆の金丸筑前守の五男「惣蔵」として甲斐の国に生まれる。

筑前守の次男・昌続武田信玄の側近として活躍し、永禄4年(1561年)9月の川中島の戦い以降に土屋氏の名跡を与えられ圡屋昌続となった[2]

初陣、岡部貞綱の養子へ[編集]

武勇に優れ、永禄11年の今川家との宇津房合戦に若干13歳で初陣し、敵方の岡部貞綱家臣の首を討ち取った。

後に武田信玄に降った岡部貞綱は、自分の家臣を討ち取った昌恒を養子にしたいと嘆願したという。(岡部貞綱は後に信玄より土屋姓を与えられ、土屋貞綱とを改めた。永禄13年(1570年)には改姓して土屋豊前守貞綱を名乗っている[3]。)

これにより惣蔵は土屋貞綱の養子となり圡屋昌恒と名を改める。

兄と父の討ち死、𡈽屋氏継承[編集]

信玄勝頼期に仕える。一方、養父の土屋貞綱は今川家臣・岡部氏の出自で、永禄11年(1568年)の駿河侵攻以降に武田家の海賊衆となり、天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いでは兄の昌続・養父の貞綱がともに戦死し、昌続と定綱双方に男子がいなかったため、昌恒は両土屋氏を継承し、昌続と貞綱両方の家臣を率いた[2]

昌恒は勝頼に従い、主に東海道方面・関東方面の戦いの多くに参加した。

天目山の崖道にある片手切りの史跡

天正10年(1582年)3月、織田・徳川連合軍の甲州征伐では最後まで武田勝頼に従う[1]。『新編会津風土記』によれば、同年3月1日に最後となる龍朱印状を奉じている[4]。『甲乱記』によれば、勝頼一行が小山田信茂を頼り郡内へ逃れる最中に信茂の離反を知り、動揺する勝頼側近の跡部勝資に対してこれを非難したという[4]。『信長公記』『甲乱記』『甲陽軍鑑』によれば、勝頼が滝川一益隊に天目山で追いつめられて自害を覚悟したとき、勝頼が自害する間の時間を稼いで織田勢と戦って奮戦したが、最後は討ち死にした。享年27。

武田家の滅亡後、同年10月9日に土屋民部少輔が高野山成慶院において昌恒の供養を行う。法名は「忠叟道節大禅門院」[4]。なお、『寛永諸家系図伝』では法名を「道節」、『甲斐国志』によれば、甲州市大和町田野の景徳院位牌では「忠庵存孝居士」としている[4]。『寛政重修諸家譜』によれば、子の土屋忠直は母に連れられて脱出したという[4]。天正10年6月の天正壬午の乱を経て、甲斐は三河国徳川家康が領するが、忠直の同心70名は徳川家臣・井伊直政に付属され、天正壬午の乱の最中に家康に対して忠誠を誓った天正壬午起請文を提出している[4]。忠直自身は天正16年(1588年)に家康に拝謁し、家康側室の阿茶局により養育される[4]。慶長7年(1602年)に忠直は上総久留里藩の大名となった。

武田家最後の家臣、片手千人斬り[編集]

織田信長の武田攻めで、家臣の離反が相次ぐ中、土屋昌恒は最後まで勝頼に従い続けて忠義を全うした。勝頼たちは最終的に天目山へ向かったが、勝頼に付き従った者は、田野村に着く頃には昌恒を含めてわずか数十人だった。

天目山の戦いにて勝頼が自害を覚悟したとき、昌恒は勝頼が自害するまでの時間を稼ぐため、織田勢を相手に奮戦した。その際、狭い崖道で織田勢を迎え撃つため、片手で藤蔓をつかんで崖下へ転落しないようにし、片手で戦い続けたことから、後に「片手千人斬り」の異名をとった。

惣蔵のために日川に突き落とされた千人もの兵が流した血は、川の水を赤く染めて、それは3日間も色を失わなかったという。

人々はのちにこの川を「三日血川」と呼ぶようになり、後世まで片手切りの伝説を語り伝えた。


この働きにより勝頼は織田方に討ち取られる事なく自刃した。

昌恒の働きは戦後、織田信長からも賞賛され、「よき武者数多を射倒したのちに追腹を切って果て、比類なき働きを残した」と『信長公記』に記されている。

三河物語』では、徳川家臣の大久保忠教が忠恒の活躍を賞賛している[4]

理慶尼記』によれば、勝頼の命で自害した夫人に介錯をしたともいわれる。

子孫[編集]

・三河国二連木全久院二世光国舜玉和尚(武田信虎の弟)

新井白石上総久留里(かずさくるり)藩主土屋利直によって見出された。聡明だが気性が激しく、しかも怒ると眉間に「火」の字に似たシワができることから、利直は白石のことを「火の子」と呼んで可愛がったという。

・『忠臣蔵』において吉良義央邸の隣人として登場する旗本「土屋主税」は同家の土屋逵直のことである。

・義賊として有名な鼠小僧は、土浦藩上屋敷に忍び込んだところを常陸土浦藩の第9代藩主土屋彦直によって捕らえられた。

逸話[編集]

  • 武勇に優れ、永禄11年の今川家との宇津房合戦に13歳で初陣し、敵方の岡部貞綱家臣の首を討ち取ったという。
  • 後に武田信玄に降った岡部貞綱は、自分の家臣を討ち取った昌恒を養子にしたいと嘆願したという(岡部貞綱は後に信玄より土屋姓を与えられ、土屋貞綱とを改めた)。
  • 上野国の膳城(ぜんじょう)攻略戦での昌恒は、武具を身に着けない軽装で、城の大手門(正門)に先陣を切って乗り込んだという。この活躍は後に「素肌攻め」と呼ばれた。
  • 甲陽軍鑑』品第五十七の文中に、武田家臣小幡豊後守昌盛が重病のため土屋昌恒を通して武田勝頼のもとへ暇乞いに来る場面があり、この中に積聚の脹満(しゃくじゅのちょうまん)と書かれた記述がある。積聚(しゃくじゅ)とは腹部の異常を指す東洋医学用語であり、脹満(ちょうまん)とは腹部だけが膨らんだ状態を意味している。積聚の脹満とはつまり、腹部の病気によって腹が膨らんだ状態を描写したものである。さらに、籠輿(かご)に乗って主君である勝頼の下へ出向いているのは、この時すでに昌盛が歩くことすらできなくなっていたからであると考えられ、日本住血吸虫に関する最古の資料である。

土屋昌恒を扱った作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 丸島(2015)、p.504
  2. ^ a b 平山(2008)、p.331
  3. ^ 平山(2008)、p.330
  4. ^ a b c d e f g h 丸島(2015)、p.505

参考文献[編集]

  • 平山優「土屋貞綱」「土屋昌続」『新編武田信玄のすべて』新人物往来社、2008年
  • 丸島和洋「土屋昌恒」 柴辻俊六・平山優・黒田基樹・丸島和洋編『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年