四條畷市コミュニティバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小型車による運用・市民総合体育館バス停にて
中型車による運用・四條畷神社付近にて

四條畷市コミュニティバス(しじょうなわてしコミュニティバス)は、大阪府四條畷市で運行しているコミュニティバス京阪バスに運行を委託している。

概要[編集]

四條畷市は、市中心部に生駒山系の清滝峠があり、これが市域を事実上分断している。このため、清滝峠の西側に市の公共施設が充実しており市街地もそれに準じていた。

しかしながら、清滝峠の東側の田原地区が関西文化学術研究都市の開発に伴った『田原台』の住宅開発が進み、この地域から市の公共施設へのアクセスの整備が市の緊急案件となっていた。このため、四条畷市では2000年平成12年)より無料の公共施設巡回バス「くすのき号」(近鉄バス担当)、「さつき号」(京阪バス担当)を運行していた。

この時の運行ルートは次の通りであった。

  • 『くすのき号』 緑風台 - 田原台八丁目 - 地区センター - グリーンホール田原 - 田原台1丁目 - 逢坂 - 楠風荘(清滝団地) - 市民総合センター - 楠公(四条畷駅近隣の交番) - 市役所 - 総合体育館
  • 『さつき号』 緑風台 - 田原台八丁目 - 地区センター - グリーンホール田原 - 田原台1丁目 - 逢坂 - 楠風荘(清滝団地) - (市民総合センター→忍ケ丘駅/忍ケ丘駅←市民総合センター) - 市役所 - 総合体育館

ただ、この無料バスが当時並走していたバス路線の乗客を奪う結果となり、運行の見直しの一環として2004年(平成16年)4月1日から有料化したコミュニティバスを運行することになったのが現在の形態である。

なお、この際に近鉄バスは田原台住宅地の路線バスの運行から撤退した。

路線[編集]

全路線門真営業所が管轄する。

2015年(平成27年)4月1日、運行系統の見直しと運賃体系の変更が行われた。田原ルートにおいては、ラッシュ時の田原地区-四条畷駅間の速達性を重視した改正となった。四条畷駅発着便が増便された一方で、忍ヶ丘駅発着便は減便された。西部線においては、南ルートが雁屋地区に乗り入れを開始した。また、四條畷神社伊勢屋前および緑の文化園を経由する系統は土休日のみの運転となった。

東西線(田原ルート)[編集]

田原1・田原2・田原3・田原4・田原5は通年で毎日運転。田原6は土休日運転。

  • 田原1
    • 四条畷駅 - 塚脇 - 市民総合センター - 清滝 - 清滝団地 - 逢坂 - 飯盛霊園 - 田原台一丁目 - グリーンホール田原 - 田原台センター - 田原台八丁目 - 緑風台 - さつきヶ丘公園
  • 田原2
    • 四条畷駅 - 塚脇 - 南中学校 - 清滝 - 逢坂 - 飯盛霊園前(緑風台方面のみ) - 田原台一丁目 - 田原台センター - 田原台八丁目 - 緑風台
  • 田原3
    • 忍ケ丘駅 - 清滝 - 逢坂 - 田原台一丁目 - 田原台センター - 緑風台 - さつきヶ丘公園
  • 田原4
    • 四条畷駅 - (清滝トンネル) - 田原台一丁目 - 田原台センター - 緑風台 - さつきヶ丘公園
  • 田原5
    • 忍ケ丘駅 - 西中野 - 四條畷市役所 - (清滝トンネル) - 飯盛霊園 - 田原台一丁目 - 田原台センター - 田原台八丁目 - 緑風台 - さつきヶ丘公園
  • 田原6
    • 四条畷駅 - 塚脇 - (清滝橋(電通大前)のみ停車) - 逢坂 - 緑の文化園 - さつきヶ丘公園 - 緑風台 - 田原台センター - 田原台一丁目 - 飯盛霊園

西部線[編集]

西部線は年末年始(12月30日 - 1月3日)運休。

  • 南ルート
    • 四条畷駅 - 四條畷神社伊勢屋前(土休日のみ) - 塚脇 - 四條畷市役所(→ 国道中野 → 堀溝三丁目 → 雁屋 → 四條畷市役所)
  • 北ルート
    • 忍ケ丘駅 → 青少年運動広場 → 市民総合センター → 四條畷市役所 → 西中野 → 忍ケ丘駅

車両[編集]

当時のくるっとBUS車両による代走(この時はヘッドマークを取り付けていなかった)。現在は定期運用に入る場合もある。

門真営業所に配備されている小型車と中型車を使用する。中型車は特に限定されていない(なお、ほぼエアロミディが充当されており、2007年6月頃までは運用される車両が限定されていた)が、小型車は2台(E-3128/3129)、中型車は1台(W-3199)の専属車両がある。

なお小型車については平日は2台がフル稼働するため、検査などの際は同じ営業所に配備されているくるっとBUSの車両が優先的に充当されていた。これはくるっとBUSの車両は3台配置の2台使用で1台は共通予備であるためである。この車両はくるっとBUSカラーである「ジグソーパズル」をイメージしたデザインである。さらに、予備車も車検などの場合には予備車両が不足するため、他営業所から同型車を借り入れこれを補う。この際は京阪バス標準カラー車両での運行が見られる。しかし2009年10月31日よりくるっとBUSの廃止により同経路で使用していた3台中1台(E-3127)が四條畷市コミュニティバスの車両となったため、これ以降は他営業所からの借り入れは基本的に中止となり、3台配置の2台使用1台予備となった(ただし大検査時に予備車が足りたくなるため借り入れを行う場合もある)。これにより元・くるっとBUS車両も現在は通常運用に入っている。

なお運用車両全車に磁石式(取り外し式)のヘッドマークが掲出される。またヘッドマークの様式は現在使用している黄色ベースのものは2代目で、初代は背景色が緑色であった。

運賃[編集]

  • 運賃は区間制で、1区:大人220円・小児110円、2区:大人250円・小児130円。但し、障がい者手帳などを呈示した場合や四條畷市で発行する高齢者割引証・妊産婦割引証・障がい者割引証・通学割引証を呈示した場合は小児運賃。
  • 支払いには京阪グループ共通バスカード及びスルッとKANSAIPiTaPaICOCAが使える(京阪バス1dayチケットの利用は不可能)。ただし、高齢者割引証・妊産婦割引証・障がい者割引証・通学割引証を呈示して割引を受ける場合は、支払いは現金のみ取り扱う。定期券は現在のところ発売されていない。
  • 田原ルートと西部循環ルートの相互間の乗り継ぎについては、乗継券の発行により当日1回に限り無料となっていたが、2009年5月16日の改正より乗継券の発行は廃止された。

特記事項[編集]

  • 四條畷市を走行するのが基本であるが堀溝三丁目(堀溝小学校付近)のみ寝屋川市に、四条畷駅のみ大東市に位置する。また田原台地区の一部区域で奈良県生駒市を走行しているが、生駒市内を走行する区間はわずか数百m(国道168号線を通る)程度であり、停留所も設置されていない。

参考文献・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]