呪われた旅路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
呪われた旅路
Voyage of the Damned
ドクター・フー(新シリーズ)』のエピソード
270811-067 CPS (6277346102).jpg
天使ホスト
話数シーズン4
第0話
監督ジェームズ・ストロング英語版
脚本ラッセル・T・デイヴィス
制作フィル・コリンソン英語版
音楽マレイ・ゴールド
作品番号4.X
初放送日イギリスの旗 2007年12月25日
カナダの旗 2010年4月
日本の旗 2012年3月24日
エピソード前次回
← 前回
Time Crash
(ミニエピソード)
ラスト・オブ・タイムロード
次回 →
ドナとドクター
ドクター・フーのエピソード一覧

呪われた旅路」(原題: "Voyage of the Damned")は、イギリスSFドラマドクター・フー』のエピソード。2007年12月25日に BBC One で初放送されており、2005年に始動した新シリーズの3作目のクリスマススペシャルにあたる。本作では異星人のビジネスマンであるマックス・カプリコーンが自身を辞職させた自らの会社へ報復を目論む。彼はタイタニック号のレプリカ宇宙船を地球へ衝突させるコースに取り、取締役会に地球人虐殺の罪を被せようとする。

本作にはオーストラリアの歌手兼女優カイリー・ミノーグが1回限りのゲスト出演を果たし、ウェイトレスのアストリッド・ペスを演じた。エグゼクティブ・プロデューサー兼脚本家ラッセル・T・デイヴィスは彼女のキャスティングを「実に例外的なケースだ」と述べ、アストリッドのパートは特にミノーグのために執筆していた。本放送時には視聴者数1331万人を記録し、これは1979年の City of Death 以来『ドクター・フー』で最多であり、新シリーズ最多の座も維持している。イギリス国内における2007年のテレビ番組では2番目に視聴者が多く、本作を上回ったのは本作の直後に放送されたドラマ『イーストエンダーズ』のエピソードのみである。本作への批評は意見が割れており、脚本とミノーグの演技はいずれも称賛・批判された。

制作[編集]

キャスティング[編集]

カイリー・ミノーグ

2007年3月の第3シリーズの記者会見にて、カイリー・ミノーグのクリエイティブ・ディレクターであるウィル・ベイカーが制作チームに彼女を番組に出演させる話を持ち掛けた。エグゼクティブ・プロデューサージュリー・ガードナー英語版は、ミノーグのスケジュールが空いていればゲスト出演は可能であると答えた[1]。ミノーグは2007年3月26日に正式に興味があることを伝え、後にドクターの1回限りのコンパニオンの役を与えられた[1][2]。ミノーグの出演により、番組はマーサ・ジョーンズ(演:フリーマ・アジェマン)からペニーへコンパニオンを容易に交代させることだけでなく、著名なスターをクリスマススペシャルに出演させることが可能になった。なお、第4シリーズのコンパニオンとして意図されていたペニーは最終的にドナ・ノーブル(演:キャサリン・テイト)に置き換えられた[1]。彼女のキャスティングは2007年4月にニュース・オブ・ザ・ワールド紙が最初に報じた[3]。デイヴィスは当初この物語を却下したが、ベイカーとミノーグは彼女が番組に出演することを同時に確認した[2][4][5]。彼女の役は2007年7月3日に公式に確定した[6]。出演以前にもミノーグと『ドクター・フー』には関わりがあり、具体的には「テレビの中に住む女」でミノーグが実在の女性として言及されている[7]ほか、『ドクター・フー』のファンであるベイカーはミノーグのツアーにクラシックシリーズのモンスターを登場させている。『フィーヴァー』のツアーでは Raston Warriors (The Five Doctors) が、Showgirl のツアーではサイバーマンが登場した[2]

バーナード・クリビンス

コッパー博士役のクライヴ・スウィフト英語版とハーデイカー船長役のジオフレイ・パルマー英語版は以前にも『ドクター・フー』に出演した。スウィフトは Revelation of the Daleks(1985年)にジョベル役を、パルマーは Doctor Who and the Silurians(1970年)で Undersecretary Masters を、The Mutants(1972年)で管理者役を演じた。エリザベス2世の声を演じたジェシカ・マーティン英語版The Greatest Show in the Falaxy(1988 - 1989年)でマグスを演じた。さらに、ウィルフレッド・モット役のバーナード・クリビンス英語版ピーター・カッシング主演の『ドクター・フー』劇場版第二作『地球侵略戦争2150』でトム・キャンプベル役を演じ、オーディオ Horror of Glam Rock でアーノルド・コーンズ役を演じた。ホストの声を担当したコリン・マクファーレーンは後に『秘密情報部トーチウッド チルドレン・オブ・アース』(2009年)でピアーズ将軍を演じ、『湖の底』(2015年)にて『ドクター・フー』でモーラン役を演じた[8]。バナカファラタ役を演じたジミー・ヴィー英語版は以前に「地球最後の日」と「UFO ロンドンに墜落」(いずれも2005年)で異星人を演じており、後に「時の終わり」(2009 - 2010年)と「校務員」(2014年)でも異星人役を演じた。

ミノーグの衣装[編集]

ミノーグはデザイナーのルイス・ペイジとプリプロダクションの間に四度会って衣装について話し合っていた。ミノーグには合わないためペイジは長いドレスを却下し、代わりに彼女は1950年代の映画の案内嬢に似たシガレットガール英語版のイメージを選んだ。シーンごととミノーグのスタント用に作られた衣装は5着で、それぞれの衣装の部位はミノーグの役を秘密にするため別々に製作された。撮影の後、ミノーグは衣装が過去1年間で着た中で最も快適だったとペイジに伝えた[2]

脚本[編集]

本作はミノーグがキャスティングされた後に主にラッセル・T・デイヴィスが脚本を執筆した。デイヴィスはミノーグに対する自身のピッチを大道芸と形容した[2]。登場人物であるアストリッド・ペスはミノーグのために執筆された。後にデイヴィスは「ミノーグは実に例外的なケースだ」と主張した。熱意に満ちた俳優は役に合わないか辞退する可能性があるため、デイヴィスは特に俳優一人のために登場人物を描くことは危険な領域であると考えていた[9]。エピソードの初期草案ではアストリッドは死亡しなかったが、ミノーグに彼女のミュージカルのキャリアに集中させるためにはアストリッドの死が必要不可欠である、とデイヴィスは考えた[2]。カプリコーンとの戦いで絶壁から転落した彼女の死をデイヴィスは束の間であると表現した[1]。彼はカプリコーンをモバイル生命体からサイバネティック生命体に変更し、アストリッドの攻撃を口論からフォークリフトに変更することで、戦いのシーンを激しいものにした[1]。デイヴィスは変更後のシーンを「こんなにも美しいイメージ」と感じ、アストリッドの究極の犠牲をロマンチックなものにした[1][2]

デイヴィスは本作を伝統的なパニック映画のフォーマットに基づかせた。彼は1972年の映画『ポセイドン・アドベンチャー』に大きく影響され、予算の問題で実現はしなかったものの、宇宙船の上下を逆転させる演出も考えていた[1]。さらに登場人物のフーン・ヴァン・ホッフ(デビー・チェイゼン英語版)は大きくベル・ローゼン(シェリー・ウィンタース)を下敷きにしている。デイヴィスは敵の要件に関する『ドクター・フー』のフォーマットから脱却もしており、今回のマックス・カプリコーンは保険金詐欺を目的に船の航行を妨害していた[2]。デイヴィスはカンザス州の描写を1939年の映画『オズの魔法使』に基づいてスト (Sto) の類似物とした[10]

本作には番組の作中世界の外への言及も複数ある。本作は番組が44周年を迎える前日にあたる2007年11月22日に死去した『ドクター・フー』の創立プロデューサーであるバーティ・ランバート英語版に捧げられており[11]、マックスという言葉に誤作動を起こして詰まるホストは1980年代のバーチャルプレゼンターマックス・ヘッドルーム英語版を参照したもので[11]、デイヴィスは『ドクター・フー』の他のエピソードへの言及も台本に挿入した。異星人に対する意識が高まっている社会の様子や、毎年クリスマスに襲撃されるロンドンの伝統を強調し、後者についてはちょっとしたジョークになったと語った[2]。本作でドクターがキャッチフレーズの「アロンジー、アロンゾ」("allons-y Alonso") と発言して船のフレームを安定させると、「にぎやかな死体」に端を発するジョークが続いた[1][12]。また、ホストは天使のテーマモチーフを継承している。天使は以前に「まばたきするな」の嘆きの天使や、「鳴り響くドラム」と「ラスト・オブ・タイムロード」でマスターが使用したアークエンジェルネットワークとして登場していた[11]。デイヴィスはスティーヴン・モファットによる「まばたきするな」の脚本を読んだ際にアイディアの重複にがっかりしたが、ホストはロボットの執事という設定であるため嘆きの天使とは働きが異なる[10]

撮影[編集]

撮影は主に2007年7月9日から8月11日にかけて行われ[1]、エンインを横断する間にホストに襲われるシーンが最初に撮影された[10]。7月12日にデイヴィッド・テナントの母ヘレン・マクドナルドが癌に苦しみ始めたため、テナントが彼女の死や葬儀に立ち会えるよう撮影スケジュールは変更を受けた。彼女は7月15日に死去し、7月21日に埋葬された[1][13][14]。テナントが不在の間に、タイタニック号の受付エリアのシーンがカーディフ湾英語版コール・エクスチェンジ英語版スウォンジーのエクスチェンジで撮影された[15]。受付でのテナントのシーンは7月16日と17日に撮影された[1]。コール・エクスチェンジでのロケは7月18日に終了し、隕石とタイタニック号の衝突シーンがその日に撮影された[1]

撮影の日程の内1週間は主に吹き抜けと廊下や Deck 31(カプリコーンの避難所かつ司令センター。古い押し出し機械の大部分があり、"Thorn Drive"のパネルに対応する)のセットがあるポンティプール英語版の DuPont サイトで行われた。Deck 31 のシーンは7月19日と20日に撮影され、ミノーグが免許を持っていなかったためボディ・ダブルであるダニエル・デ・コスタがフォークリフトを運転した[1]。テナントの不在のため撮影はずれ込み、7月21日にゲストキャラクター、7月23日にテナントに焦点が当てられた。隕石衝突の余波は7月25日から27日に撮影された[1]

撮影はスウォンジーのエクスチェンジに戻り、2つのシーンが撮影された。7月28日はエピソードの終局が、7月20日にはオープニング前のシーンが撮影された。撮影の最も重要な日は7月31日で、一行がロンドンに到着するシーンが夜に撮影された。アストリッドの死のシーンをクロマキーのマットレスで隠した状態で、カーディフ市内の日没のタイミングでロンドンのシーンの撮影は始まった[1]。安全上の懸念、特にミノーグの保護の観点から、2005年に新シリーズが始まって以来初となる道路の封鎖が行われた[1][2]

撮影は2007年8月の最初の2週で完了した。結末のシーンはカーディフ・ドックで8月1日に、ハーデイカー船長の死はアッパー・ボートで8月2日に、船のキッチンでのシーンは8月3日に、ブリッジのシーンは8月6日から8日にかけて撮影された。撮影の最終日は8月21日で、ロンドンカーディフブロードキャスティング・ハウス英語版でBBCの記者ジェイソン・モハマド英語版ニコラス・ウィッチェル英語版カメオ出演した[1]

音楽[編集]

作曲家マレイ・ゴールドと編曲者ベン・フォスター英語版および歌手ヤミット・マモがタイタニック号のバンドとしてカメオ出演した[11][16]。マモはソウルシンガーとして主に活動しており、友人から彼女のパフォーマンスを耳にしたゴールドが出演の話を持ち掛けると、無条件にその申し出を受諾した[2]。彼女は『ドクター・フー』の第3シリーズサウンドトラックの "My Angel Put the Devil in Me" と "The Stowaway" を歌った[2][11]。後者は本エピソード専用に作曲されたもので、2007年9月にロンドンのアソシエイテッド・インディペンデント・レコーディングのスタジオで録音された。この歌にはスタジオにいた全ての人間がバックボーカルとして参加した。"The Stowaway" は「クリスマスの侵略者」("Song for Ten")と「消えた花嫁」("Love Don't Roam")に続くクリスマス・ソングの伝統を継承している。この歌はアイルランドの伝統音楽英語版の影響を受けており、デッキの下の陽気な感覚と報われぬ愛についての憂鬱な歌詞を対比している。オープニングテーマは新しいバージョンに代わり、これは新しいバスラインとドラムおよびピアノが奏でられる1980年代のピーター・ハウウェル英語版のバージョンに近い[11]

放送[編集]

クリスマス当日の放送は1220万人が視聴し、最終視聴者数は1331万人、ピーク時には1380万人に達した。これは2007年に放送された全てのイギリスのテレビ番組の中で2番目に視聴者が多かったこととなる。1位はBBCの昼ドラ『イーストエンダーズ』で、視聴者数は1390万人であった[17][18]。「呪われた旅路」の視聴者数は新シリーズでの最高記録であり、以前に記録を打ち立てた「マネキンウォーズ」を上回った。また、『ドクター・フー』全体でも1979年の "City of Death" 特にその最終エピソード以来の数字である[19][20]。本作の評価指数英語版は86 ("excellent") を記録し、これはドラマ番組の平均値である77を超えているばかりか、クリスマスに放送された地上波のテレビ番組では最高値であった[21]。本作は高精細度ビデオ (HD) では撮影されなかったものの、BBCは本作を BBC One HD で2010年12月29日に放送し、番組をドルビーサラウンドの音と共に高精細度ビデオにアップグレードした。標準解像度で撮影されて高精細度でテレビ放送された『ドクター・フー』のエピソードとしては本作が初めてであり、標準解像度から高精細度へ変換されたエピソード全てで見ても2番目である。なお、その場合の最初のエピソードは完全版スペシャルボックスセットでブルーレイディスクが発売された2008年クリスマススペシャル「もうひとりのドクター」が該当する[22]

カナダではスペースで2010年4月に放送された[23]日本では2012年3月24日に LaLa TV で放送された[24]。また、ニコニコ動画上のBBCチャンネルでは2013年2月3日からニコニコ生放送で本作が上映された[25]

DVDの発売[編集]

本作は2008年3月にDVDが初めて発売された[26]。「クリスマスの侵略者」から「最後のクリスマス」までのクリスマススペシャル10作は後にDoctor Who – The 10 Christmas Specials という名前のボックスセットで2015年10月19日に発売された[27]

批評とレビュー[編集]

1912年のタイタニック号沈没事故の最後の生存者であったミルヴィナ・ディーンは本作を批判しており、「このような悲劇を娯楽にするのは無礼だ」と主張した[28]。利益団体 Christian Voice はドクターがメシアのような扱われ方をすることが不適切であると考え、ドクターがロボットの天使と共に上昇するシーンが宗教的であるとして罪を示した[29]。しかし2008年4月には、同じシーンを使って復活・償還・悪のテーマを若者に示すことが牧師に奨励された[30]

テレビおよびラジオのウェブログの試写会をレビューしたギャレス・マクレーン英語版は、本作が災害映画のテンプレートを使っていることを評価し、全体の結末も気に入って「大部分のパートで『呪われた旅路』は素晴らしいものだ」とコメントした。彼の見解では、カイリー・ミノーグの空虚で面白みのない演技が本作の主な欠陥であった[31]デイリー・テレグラフのジェームズ・ウォルトンは本作に肯定的で、「ワイルドなイマジネーションと作家としての注意深い計算の勝利の混合物」と言って纏めた[32]オブザーバー紙のアレックス・クラークは本作には死者が多いとコメントした一方で、まだエピソードは図々しい戯言とうっかりした作り事のオアシスであると考えた[33]The Stage のハリー・ヴェニングは「『ドクター・フー』の申し分のない高い水準によく応えた」と述べて肯定的なレビューを締めくくった[34]Doctor Who Magazine は本作での死者のうち2人を番組の歴史における犠牲ベスト100にランクインさせた。バナカファラタの死はドクター一行を守るための自己犠牲であり、"top 20 tearjerkers" のカテゴリに位置付けられた。アストリッドの死は"『ドクター・フー』史上最高の死" ("Doctor Who's all-time greatest death scene") の称号を与えられて「私たちのすべての主要なカテゴリー(陰惨・怖ろしい・自己犠牲・涙ぐましい・驚くべき)のボックスにチェックマークがつく」「彼女の死で本当にガラスの目も泣くだろう」とコメントされた[35]

タイムズ紙のティム・ティーマンは本作に否定的で、「終わりのない派手さとCGIの誤魔化しにも拘わらず退屈だった」と主張した[36]デイリー・ミラー紙は「本作には素晴らしいサイケデリックピンク・フロイド風のイメージと、きちんとしたジョークがある」とコメントしたが、「大半が矢継ぎ早のハイテクな追走劇でできたプロットは滅茶苦茶で、騒音と虚勢に終わった」と嘆き悲しんだ[37]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Pixley, Andrew (2008-08-14). “Voyage of the Damned”. Doctor Who Magazine (ケント州ロイヤル・タンブリッジ・ウェルズ英語版: Panini Comics) The Doctor Who Companion: Series Four (Special Edition 20). 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l "Confidential at Christmas". Doctor Who Confidential. シーズン4. Episode Special. 25 December 2007. BBC. BBC Three
  3. ^ Hayes, Paul (2007年4月27日). “Kylie Minogue cast?”. Outpost Gallifrey. オリジナルの2008年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080209113246/http://www.gallifreyone.com/news-archives.php?id=4-2007 2007年7月1日閲覧。 
  4. ^ Hayes, Paul (2007年4月27日). “Davies dismisses Kylie rumour”. Outpost Gallifrey. オリジナルの2007年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070911231115/http://www.gallifreyone.com/news-archives.php?id=4-2007 2007年7月1日閲覧。 
  5. ^ Marcus (2007年5月12日). “Christmas Episode 2007”. Outpost Gallifrey. オリジナルの2007年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070911231208/http://www.gallifreyone.com/news-archives.php?id=5-2007 2007年7月1日閲覧。 
  6. ^ “Step Back In Time”. BBC. (2007年7月3日). https://www.bbc.co.uk/doctorwho/news/cult/news/drwho/2007/07/02/46771.shtml 2007年7月3日閲覧。 
  7. ^ マーク・ゲイティス(脚本)、ユーロス・リン英語版(監督)、フィル・コリンソン英語版(プロデューサー) (27 May 2006). "テレビの中に住む女". ドクター・フー. 第2シリーズ. Episode 7. BBC. BBC One
  8. ^ Doctor who Guide: Colin McFarlane”. guide.doctorwhonews.net. Doctor Who Guide (2015年5月12日). 2015年10月11日閲覧。
  9. ^ T Davies, Russell (April 2008). “Be My Guest”. Radio Times (BBC) (5–11 April 2008): 17. 
  10. ^ a b c Russell T Davies, Julie Gardner (25 December 2007). "Voyage of the Damned commentary (stream)". BBC.co.uk (Podcast). 2008年1月25日閲覧
  11. ^ a b c d e f Doctor Who - Fact File - Voyage of the Damned”. BBC (2007年12月25日). 2007年12月26日閲覧。
  12. ^ ラッセル・T・デイヴィス(脚本)、グレアム・ハーパー英語版(監督)、フィル・コリンソン英語版(プロデューサー) (1 July 2006). "嵐の到来". ドクター・フー. 第2シリーズ. Episode 12. BBC. BBC One
  13. ^ “Tributes pour in for Helen”. Paisley Daily Express. (2007年7月20日). http://icrenfrewshire.icnetwork.co.uk/pde/news/tm_method=full%26objectid=19486037%26siteid=63858-name_page.html 2007年7月21日閲覧。 
  14. ^ Hinman, Michael (2007年7月20日). “'Doctor Who' Filming Delayed This Weekend”. SyFy Portal. オリジナルの2007年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070926224912/http://www.syfyportal.com/news423922.html 2007年7月21日閲覧。 
  15. ^ Walesarts, Coal Exchange and Mount Stuart Square, Cardiff Bay”. BBC. 2010年5月30日閲覧。
  16. ^ Berriman, Ian (2007年12月13日). “Phil Collinson on Doctor Who”. SFX. 2007年12月18日閲覧。
  17. ^ Ormsby, Avril (2007年12月26日). “EastEnders pips Dr Who on Christmas”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/domesticNews/idUKL2633454620071226 2007年12月26日閲覧。 
  18. ^ Marcus (2008年1月11日). “Voyage – 2nd most watched programme in 2007”. Outpost Gallifrey. 2008年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月11日閲覧。
  19. ^ Wilkes, Neil (2007年12月26日). “'Doctor Who' gets best ratings since 1979”. Digital Spy. 2007年12月26日閲覧。
  20. ^ “Titanic Success!”. BBC. (2007年12月26日). オリジナルの2007年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071229121407/http://www.bbc.co.uk/doctorwho/news/cult/news/drwho/2007/12/26/51751.shtml 2007年12月26日閲覧。 
  21. ^ Marcus (2007年12月27日). “Voyage - Appreciation Index”. Outpost Gallifrey. 2007年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月27日閲覧。
  22. ^ “Voyage of the Damned”, BBC, http://www.bbc.co.uk/programmes/b008lyb2#broadcasts 2011年2月4日閲覧。 
  23. ^ BBC Worldwide and Space Wrap Up Sci-Fi”. channelcanada.com. 2009年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月1日閲覧。
  24. ^ ドクター・フーSP 呪われた旅路 (2007)”. allcinema. スティングレイ. 2020年3月15日閲覧。
  25. ^ BBC『ドクター・フー シリーズ4 クリスマス・スペシャル 「呪われた旅路」』無料上映”. ニコニコ生放送. ドワンゴ. 2020年3月15日閲覧。
  26. ^ Doctor Who: Voyage of the Damned, 2007 Christmas Special” (2019年4月17日). 2020年3月15日閲覧。
  27. ^ Doctor Who News: Doctor Who - The Ten Christmas Specials”. Doctor Who News (2015年10月1日). 2015年10月8日閲覧。
  28. ^ “Doctor Who Slammed By Titanic Survivor”. Daily Record. (2007年12月22日). オリジナルの2007年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071225083739/http://www.dailyrecord.co.uk/entertainment/entertainment-news/2007/12/22/doctor-who-slammed-by-titanic-survivor-86908-20262533/ 2007年12月26日閲覧。 
  29. ^ Sherwin, Adam (2007年12月21日). “Christians protest as Doctor Who is portrayed as 'messiah'”. The Times (London). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/tv_and_radio/article3080608.ece 2007年12月26日閲覧。 
  30. ^ Wynne-Jones, Jonathan (2008年5月4日). “The church is ailing - send for Dr Who”. デイリー・テレグラフ (London). https://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/1925338/The-church-is-ailing---send-for-Dr-Who.html 2008年5月4日閲覧。 
  31. ^ McLean, Gareth (2007年12月20日). “The Doctor Who disaster movie is a great success”. theblog: tv&radio (ロンドン: Guardian Unlimited). http://blogs.guardian.co.uk/tv/2007/12/dr_who.html 2007年12月26日閲覧。 
  32. ^ Walton, James (2007年12月26日). “Telegraph pick: Doctor Who (BBC1)”. telegraph.co.uk (London). https://www.telegraph.co.uk/arts/main.jhtml?xml=/arts/exclusions/tvondemand/nosplit/LNoTV/bvdoctor25.xml 2007年12月26日閲覧。 
  33. ^ Clark, Alex (2007年12月30日). “Feel the pain and pass the port”. The Observer (ロンドン). http://observer.guardian.co.uk/review/story/0,,2233128,00.html 2008年3月15日閲覧。 
  34. ^ Venning, Harry (2007年12月28日). “TV review”. The Stage. オリジナルの2012年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120319145505/http://www.thestage.co.uk/features/feature.php/19402/tv-review 2008年3月15日閲覧。 
  35. ^ Doctor Who's 100 Greatest Death Scenes”. Doctor Who Magazine (393): 18–30. (March 2008). 
  36. ^ Teeman, Tim (2007年12月26日). “Christmas Day TV: Doctor Who; EastEnders; Coronation Street”. timesonline.co.uk (London). オリジナルの2011年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110517074214/http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/tv_and_radio/article3095298.ece 2007年12月29日閲覧。 
  37. ^ Shelly, Jim (2007年12月17日). “EastEnders saves the day”. Daily Mirror. オリジナルの2008年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080227045929/http://www.mirror.co.uk/news/topstories/2007/12/27/eastenders-saves-the-day-89520-20266441/ 2008年1月27日閲覧。 

外部リンク[編集]