名古屋市交通局6000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋市交通局6000形電車
6000形第10編成
6000形第10編成
基本情報
製造所 日本車輌製造[1]
日立製作所笠戸事業所[1]
主要諸元
編成 5両編成 (3M2T)
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 75 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.0 km/h/s
車両定員 先頭車 127人
中間車 138人
一編成674人(三次車は732人)
自重 先頭車 36t
最大寸法
(長・幅・高)
20,000mm×2,746mm×4,140mm
台車 ボルスタレス空気バネ台車
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 170kW
駆動方式 ギヤカップリング式平行可撓駆動方式
歯車比 1:6.53
編成出力 2,040kW
制御装置 三菱電機VVVFインバータ制御
GTOサイリスタ素子)(登場当初)
IGBT素子)(機器更新車)
制動装置 回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
純電気ブレーキ(機器更新車)
保安装置 CS-ATC
テンプレートを表示
中村区役所駅に停車中の回送車

名古屋市交通局6000形電車(なごやしこうつうきょく6000がたでんしゃ)は、1987年昭和62年)に登場した名古屋市交通局名古屋市営地下鉄桜通線用の通勤形電車[1]

車両概要[編集]

名古屋市営地下鉄で初めてVVVFインバータ制御を採用した車両である[1]1987年試作車である4両編成1本を新製し[1]桜通線開業まで鶴舞線で試験を兼ねて営業運転を実施した。

1989年9月10日の桜通線中村区役所駅 - 今池駅間の開業に際して試作車の実績を基にした量産車4両編成12本(48両)が落成した。

桜通線のプラットホームは、全駅で島式ホームを採用する計画であったことから、運転士からホームの視認性を高めるため、運転席は右側に配置されている。その後開業した今池駅 - 野並駅 - 徳重駅も全駅が島式ホームである。この右側運転台仕様は後の6050形においても継承された。

1994年3月30日に今池駅 - 野並駅間の延伸開業に際して全編成を5両編成とするため、1993年に中間電動車13両を新製して既存の編成に組み込むとともに5両編成7本(35両)が編成単位で増備された。

桜通線は、開業時から1994年にかけて車掌が乗務していたが、1994年以降はワンマン運転を実施している。また、2011年3月27日の野並駅 - 徳重駅間の延伸開業に先行して、車内案内表示装置の内容に駅ナンバリングや停車時の現在駅表示が追加されている(1・2次車に関しては6300形中間車も含めて車内案内表示装置が更新されている)。徳重延伸後は6両編成での運行が計画されていたものの実現せず、本形式や後継形式である6050形はいずれも5両編成で運行されている。

製造時期による差異[編集]

  • すべての車両にLED式車内案内表示器が搭載されているが、6101 - 6113編成と6114編成以降では英文案内の有無があった[2]
  • 1987年度導入の6101編成(6300形中間車を除く)と1989年度導入の6102編成以降、および6101編成に組み込まれている6300形中間車ではそれぞれでシートの形状が異なる。車番表記の字体(試作車は黄電や3000形と同じ字体、量産車は5000形、5050形、2000形などと同じヘルベチカ)、車内非常通報装置のマイク部が異なる。
  • 1987年度・1989年度導入の6101 - 6113編成(6300形中間車を除く)と1993年度導入の6114編成以降、6101 - 6113編成に組み込まれている6300形中間車では客用扉付近のつり革受けの形状[3]、LED式車内案内表示器の設置位置が異なる[4]
  • 1989年度導入の6102編成以降、6101編成に組み込まれている6300形中間車はバケットシートを採用し、肘掛けを設置している。
  • 1993年度導入の6114編成以降、6101 - 6113編成に組み込まれている6300形中間車は車端部に妻面窓を増設し[5]、客用扉の窓押さえが薄型に変更されている。
  • 1993年度導入の6114編成以降は両先頭車に車椅子スペースを設置し、運転台の速度計アナログからデジタル式に変更されている[6]

歴史[編集]

  • 1987年(昭和62年) - 量産先行試作車4両編成1本が落成[1]。1989年9月10日の桜通線中村区役所駅 - 今池駅間開業までは鶴舞線で使用されていたが、M式ATSを搭載しておらず、鶴舞線3000形や名鉄100系とは異なる右側運転台であるため、名古屋鉄道豊田線への直通列車には使用されなかった。
  • 1989年(平成元年) - 桜通線中村区役所駅 - 今池駅間開業に際して2次車4両編成12本(48両)が落成。
  • 1993年(平成5年) - 桜通線今池駅 - 野並駅間延伸開業に際して3次車5両編成7本(35両)が落成。同時期に1・2次車の中間車が13両落成し、5両編成とされた。

編成[編集]

形式
← 徳重
中村区役所 →
製造年 区分
6100
(Mc)
6200
(T)
6300
(M)
6700
(M)
6800
(Tc)
車両番号 6101 6201 6301 6701 6801 1987年 1次車
6102 6202 6302 6702 6802 1989年 2次車
6113 6213 6313 6713 6813
6114 6214 6314 6714 6814 1993年 3次車
6120 6220 6320 6720 6820

※なお、中間電動車である6300形は1993年に5両編成化された際に増結された車両なので、1・2次車に連結されているものを含めてすべて3次車となっている。

改造[編集]

ワンマン運転・ホームドア・省令対応改造[編集]

各開業に先行して、全編成がワンマン運転ホームドア省令対応改造を完了している。

主な改造は以下の内容はで行われたが、2011年7月23日以降はホーム監視用カメラ映像が運転台モニターからホーム上に設置された地上固定モニターに移行したため、車両状態を表示する小型モニターは不要となった対列車映像伝送装置と運転台モニターの撤去に伴い、運転台左上から運転台に移設された。

  • ATOの搭載
  • 運転台の客用扉スイッチとマイクとホーム監視用カメラ映像を映し出すモニター増設
  • 助士席側のホーム監視用カメラ映像を送る近赤外線光空間伝送式対列車映像伝送装置設置
  • 運転状況記録装置の設置
  • 運転台左上の車両状態を表示するモニター増設
  • 運転台の計器類更新

制御装置更新[編集]

登場以降の主要機器や外見に大きな変化はなかったが、初期車の製造から25年近くが経過し、野並開業時に編成単位で増備された6114編成以降の3次車や徳重開業に先行して投入された6050形と比べると主要機器の経年劣化が目立ってきたため、2012年から2018年にかけて初期車編成が制御装置の更新を完了する予定[7]

主な更新の内容は以下の通り。

  • VVVFインバータ制御装置の素子GTOサイリスタからIGBTに更新
  • ブレーキ装置を純電気ブレーキ機能付きに更新
  • 補助電源装置に使用されている静止形インバータの素子をGTOサイリスタからIGBTに更新
  • 車上検査装置の更新
  • 運転台の速度計の更新
  • ATOのブレーキ段数を7段から20段以上に増加

弱電機器更新[編集]

2016年1月からは誘導無線操作器と自動放送装置以外の各種放送装置と車内非常通報装置など弱電機器更新が行われている。

営業区間[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鉄道ジャーナル』第21巻第14号、鉄道ジャーナル社、1987年12月、 113頁。
  2. ^ http://www.maruhachi-kotsu.com/subcar/6000_2.html 桜通線6000形車内・内装」 3次車の項目本文6行目参照
  3. ^ http://www.maruhachi-kotsu.com/subcar/6000_2.html 桜通線6000形車内・内装」 3次車の項目本文8行目,画像6枚目参照
  4. ^ http://www.maruhachi-kotsu.com/subcar/6000_2.html 桜通線6000形車内・内装」 1次車の項目画像「6101H各車端部の様子」(6枚目)
  5. ^ http://www.maruhachi-kotsu.com/subcar/6000_2.html 桜通線6000形車内・内装」3次車の項目本文3行目,各画像参照
  6. ^ http://www.maruhachi-kotsu.com/subcar/6000_2.html 桜通線6000形車内・内装」乗務員室・運転設備の項目本文4行目参照
  7. ^ http://www.maruhachi-kotsu.com/subcar/6000.html 名古屋市交通局桜通線6000形」編成表の項目参照

外部リンク[編集]