名古屋市交通局6000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市交通局6000形電車
Ntb6000.jpg
6000形電車
基本情報
運用者 名古屋市交通局
製造所 日本車輌製造[1]
日立製作所笠戸事業所[1]
製造年 1987年 - 1993年
製造数 20編成100両
運用開始 1987年10月27日
投入先 桜通線
主要諸元
編成 4両編成(製造時)
5両編成(現在)
軌間 1,067 mm(狭軌
電気方式 直流1,500 V(架空電車線方式
最高運転速度 75 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.0 km/h/s
車両定員 先頭車127人(48席)・中間車140人(54席)(6101編成 - 6113編成)
先頭車138人(46席)・中間車152人(46席)(6114編成 - 6120編成と中間増備車)
自重 先頭車30.0 t・36.0 t
中間車28.0 t・34.0 t・35.0 t
長さ 20,000 mm
2,746 mm
高さ 先頭車・6300形4,140 mm
6200形・6700形4,040 mm
車体 ステンレス鋼
台車 ボルスタレス空気ばね台車
住友(現・日鉄)製SS108・SS008(6101編成 - 6113編成)
住友(現・日鉄)製SS136・SS036(6114編成 - 6118編成)
日車製ND721・ND721T(6119編成・6120編成と中間増備車)[注釈 1]
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 170 kW × 2→3(台/両)
駆動方式 WNドライブ
歯車比 99:16
編成出力 2,040 kW
制御方式 VVVFインバータ制御
未更新車:GTOサイリスタ素子
更新車:三菱IGBT素子
制御装置 滑り周波数制御(登場時)
ベクトル制御、応荷重演算制御機能付き(現在)
制動装置 NSC遅れ込め制御付きATC連動電気指令式電空併用ブレーキ
応荷重式、回生ブレーキ付き
保安装置 車内信号式ATC
ATO
テンプレートを表示

名古屋市交通局6000形電車(なごやしこうつうきょく6000がたでんしゃ)は、1987年昭和62年)に登場した名古屋市交通局名古屋市営地下鉄桜通線用の通勤形電車である[1]

概要[編集]

中村区役所駅に停車中の回送車

1987年昭和62年)10月27日に6101編成が試作車として竣工し、12月28日から桜通線開業にかけて鶴舞線で試験を兼ねて営業運転を行っていた。4両編成の内、6101号車と6201号車は日本車輌製造(日車)、6701号車と6801号車は日立製作所で製造された。

中村区役所 - 今池間開業に際し、1989年平成元年)に4両編成12本(48両)、今池 - 野並間延長開業に伴う5両編成化に際し、1993年(平成5年)から1993年(平成5年)にかけて5両編成7本と中間増備車(48両)が導入された。

名古屋市営地下鉄で初めて付随車が中間車に配置、VVVFインバータ制御横軸ツインレバー型マスコンが導入、ステンレス鋼車体と白系化粧板が採用、LED車内案内表示器が設置、狭軌架空電車線方式で初めて制御車が先頭車に配置された車両である[1]

正面は東京メトロ丸ノ内線02系、側面はJR205系に似ているものの、正面は車体帯や貫通路の位置、側面は窓の上から雨樋の位置までにある幕板の高さなど、細部で異なっている。

座席モケットの色は赤色の濃淡であり、運転台は鶴舞線3050形と異なり、桜通線のホームは全駅で島式ホームの採用を計画したことから、運転士からのホームの視認性を高めるため、右側に配置されている[2](鶴舞線3050形は左側配置)。その後、延長開業した今池 - 野並 - 徳重間も全駅で島式ホームの採用を計画したことにより、運転台の右側配置は6050形においても継承された。

桜通線は開業時から1994年(平成6年)2月15日にかけて車掌が乗務していたが、16日以降はワンマン運転を実施している。また、野並 - 徳重間延長開業以降は6両編成での運行を計画していたものの、需要が見込めなかったのか、6050形は5両編成で落成したため、本形式も両数に変化はなかった。

製造時期による差異[編集]

  • 1987年度竣工の6101編成(中間増備車を除く)はローマン体で、1989年度竣工の6102編成以降はヘルベチカに変更され、車番表記の字体が異なる。
  • 1993年度竣工の6114編成以降と中間増備車は窓を車端部妻面に設置している。

車内[編集]

  • 非常通報器は全編成に設置しているが、6101編成(中間増備車を除く)と6102編成以降ではマイク部の大小があった(弱電機器更新後は全て現行タイプに統一)。
  • 1987年度・1989年度竣工の6101編成 - 6113編成(中間増備車を除く)は厚型で、1993年度竣工の6114編成以降と中間増備車は薄型に変更され、客用ドアの窓ガラス押さえの形状が異なる。
  • 1987年度・1989年度竣工の6101編成 - 6113編成(中間増備車を除く)は丸みを帯びた長方形タイプで、1993年度竣工の6114編成以降と中間増備車は一般的な棒状タイプに変更され、客用ドア付近に増設されたつり革受け棒の形状が異なる。
  • 1987年度・1989年度竣工の6101編成 - 6113編成(中間増備車を除く)は車端部妻面貫通路横で、1993年度竣工の6114編成以降と中間増備車は車端部妻面貫通路上部に変更され、LED式車内案内表示器の設置位置が異なる。
  • 1987年度竣工の6101編成(中間増備車を除く)と1989年度竣工の6102編成以降では床面通路部の配色が異なる。
  • 1989年度竣工の6102編成以降はバケットシートを採用、肘掛け座席端部に設置している。
  • 1993年度竣工の6114編成以降は車椅子スペースを両先頭車に設置、LED式車内案内表示器を両先頭車乗務員室仕切り壁扉側に増設、英語表示をLED式車内案内表示器の内容に追加している(現在は全て英語表示あり)。

乗務員室[編集]

1987年度・1989年度竣工の6101編成 - 6113編成はアナログ表示で、1993年度竣工の6114編成以降はデジタル表示に変更され、運転台の速度計が異なる。

編成[編集]

形式
← 徳重
中村区役所 →
竣工年度
6100
(Mc)
6200
(T)
6300
(M')
6700
(M)
6800
(Tc)
車両番号 6101 6201 6301 6701 6801 1987年
6102 6202 6302 6702 6802 1989年
6113 6213 6313 6713 6813
6114 6214 6314 6714 6814 1993年
6120 6220 6320 6720 6820

記念ステッカー[編集]

2005年日本国際博覧会(愛知万博)開催期間中は車体に愛知万博の記念ステッカーが掲出された車両もある。

改造[編集]

組成変更

1993年10月から1994年2月にかけて6101編成 - 6113編成は中間増備車と編成を組み合わせ、5両編成13本に組成変更した。

ATO搭載とワンマン運転対応改造

運転士負担軽減のため、今池 - 野並間延長開業前には、6101編成 - 6113編成にATO搭載とワンマン運転対応改造が同時に行われた。

パンタグラフの撤去

離線による回生失効対策のため、2004年から2008年にかけてMc車およびM車のパンタグラフが1両当たり2基のうち1基撤去された。

ホーム柵および省令対応改造

2008年から2011年にかけて全編成にホーム柵および省令対応改造が行われた。

LED式車内案内表示器と自動放送装置の更新

野並 - 徳重間延長開業前には、6101編成 - 6113編成と中間増備車にLED式車内案内表示器、全編成に自動放送装置の更新が行われた。

モニタ関連改造

全駅にホーム柵が整備された2011年7月23日から駅発車後の後方監視は車上モニタからホーム設置モニターに切り替えられ、運転台パネルの車上モニタ撤去および運転状態表示モニタ移設が行われた。

主要電気機器更新

本形式についても竣工から約24年を経て主要電気機器の老朽化が進行したため、延命と停車位置精度向上を目的に主要電気機器更新が実施されることになった。

2012年1月から2022年にかけて全編成が竣工する予定。

現在6101編成 - 6115編成・6117編成が更新工事を完了。

座席前のつり革交換

2012年3月と2021年3月からは、全編成に座席前のつり革交換が順次行われる予定。

転落防止幌の撤去

ホーム柵導入に伴い、2013年から2014年にかけて全編成の転落防止幌が撤去された。ただし、台座はそのまま残置されている。

車内のWi-Fiアンテナ設置

2014年11月4日から2015年3月末にかけて全編成に車内のWi-Fiアンテナ設置が行われた。なお、形式によってWi-Fiアンテナの設置方法が異なり、車内天井中央部の空調機枠に設置された。

弱電機器更新

2016年1月から2017年9月にかけて全編成に弱電機器更新が行われた。

乗務員室内貫通扉前の手すり付き非常はしご追加搭載

2017年3月には、全編成に乗務員室内貫通扉前の手すり付き非常はしご追加搭載が行われ、設置当初より専用カバーが掛けられた。なお、形式によって固定方法が異なる。

車体両先頭車側面のステッカー追加

2018年7月には、6114編成以降に車体両先頭車側面のステッカー追加が行われた。

座席のモケット交換

2019年7月には、6101編成(中間増備車を除く)に座席のモケット交換が行われた。

前照灯のLED化

2021年3月からは、6117編成を皮切りに、前照灯が順次白色LEDに交換されている。

営業区間[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 桜通線で運用されている車両で一部日車製の台車を採用している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 鉄道ジャーナル』第21巻第14号、鉄道ジャーナル社、1987年12月、 113頁。
  2. ^ 鉄道ピクトリアル1988年5月号「新車年鑑」163 - 164頁

外部リンク[編集]