吉岡秀人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉岡 秀人(よしおか ひでと、1965年8月12日 - )は、発展途上国で無償の医療活動を続ける日本医師である。専門は小児外科

来歴・人物[編集]

特定非営利活動法人ジャパンハート・最高顧問/ファウンダー。

大阪府吹田市出身。大阪府立千里高等学校大分医科大学(現大分大学医学部)卒。大阪、神奈川の救急病院などで勤務の後、1995年から1997年までミャンマーで活動。 その後、岡山病院小児外科、川崎医科大学小児外科講師などを経て、2003年から再びミャンマーで医療活動を再開。

2004年、国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」を設立。ミャンマー、カンボジア、ラオス、日本で医療支援活動を行う。

2020年現在もミャンマーカンボジアラオス、日本を行き来し、途上国の多くの貧しい人々に医療支援を行い続けている。

日本帰国時には、依頼を受け講演会を多数行う。2013年より小学生を対象とした「いのちの授業」の講演活動を開始。

また同団体で、「国際医療短期ボランティア」システムを確立。

医療者が数日の休暇を利用し、途上国で診察・手術等の実際の医療支援を行える仕組みを実現した。現在、このシステムを活用し、ジャパンハートの海外活動地では、日本から年間のべ700人以上が医療ボランティアを行う。

ジャパンハートの治療件数は年間2万件以上

日本国外では手術、診察など医療活動、医師・看護師人材育成、視覚障がい者自立支援活動、エイズや貧困で人身売買の危険にさらされているミャンマーの子どもたちの養育施設「DreamTrain(ドリームトレイン)」の運営、災害孤児の養育支援などを行う。

日本国内では医療者の不足が深刻な離島や僻地での医療人材支援、小児がんと闘う子どもを応援するSmileSmilePROJECT(すまいるスマイルプロジェクト)などを行っている。

2011年、3月に発生した東日本大震災では緊急医療支援活動を行い、500名余りの医療者やボランティアを被災地に派遣した。2011年12月~2014年3月宮城県石巻市に「NPO法人ジャパンハートこども・内科クリニック」を開業し、長期にわたり医療支援活動を行った。これは震災後に宮城県が公式に診療許可を出した、ただひとつのNPO法人による診療所である。現在も、被災した子どもの「心のケア」活動及び、医療人材支援を続けている。

国際緊急救援として日本・ASEAN圏内で起こる大規模自然災害に対し、医療支援チームの派遣を行う。

国際緊急救援[編集]

受賞歴[編集]

  • 2008年10月 - 第一回 自由都市・堺 平和貢献賞 奨励賞受賞
  • 2012年 4月 - 第三十八回 大山健康財団賞受賞
  • 2014年 8月 - 平成26年度 外務大臣表彰 (団体受賞)
  • 2014年 8月 - 第6回 沖縄平和賞 (団体受賞)
  • 2017年 8月-第48回 社会貢献者表彰(団体受賞)
  • 2017年10月-際69回 保健文化賞(団体受賞)
  • 2019年 第7回エクセレントNPO大賞及び市民賞 受賞
  • 2019年 第22回地球倫理推進賞(国際活動部門)、文部科学大臣賞 受賞(いずれも団体受賞)

出演[編集]

CM[編集]

 ※外部リンク参照

テレビ[編集]

など、出演多数。

新聞[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦(風媒社、2009年)
  • 死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記(冨山房インターナショナル、2009年)
  • 命を燃やせ〜いま、世界はあなたの勇気を待っている(講談社、2012年)
  • 1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ (すばる舎リンゲージ、2012年)
  • 救う力〜人のために、自分のために、いまあなたができること(廣済堂出版、2014年)
  • 折れない、迷わない、勇気がわく、タフに生きる言葉(三笠書房王様文庫、2015年) 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]