司馬亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

司馬 亮(しば りょう、? - 291年)は、西晋皇族八王の乱の八王の1人。子翼司馬懿の第3子。生母は伏貴妃司馬師司馬昭の異母弟。司馬伷司馬京司馬駿の同母兄。司馬肜司馬榦司馬倫の異母兄。諡号文成王

生涯[編集]

魏の時代[編集]

幼い頃より機敏であり、才幹を有していた。また、清廉・公正である事で評判であった。

曹魏の時代に散騎侍郎に任じられ、万歳亭侯に封じられた。後に東中郎将に移り、爵位は広陽郷侯に進んだ。

257年寿春において諸葛誕が蜂起すると、司馬亮は反乱鎮圧に従軍したが、その際に失策を犯したので免官となった。しばらくすると復帰し、校左将軍・散騎常侍・監豫州諸軍事に任じられ、仮節を与えられた。後に祈陽伯に改封され、鎮西将軍に昇進した。

武帝の時代[編集]

265年、甥の司馬炎(武帝)が晋王朝を開くと、司馬亮は扶風王に封じられ、食邑一万戸を与えられた。騎司馬・参軍掾属・都督関中雍涼諸軍事に任じられ、持節を与えられた。

270年鮮卑禿髪樹機能が反乱を起こし、秦州刺史胡烈が殺害された。司馬亮は将軍劉旂・騎督敬琰を秦州救援に向かわせたが、彼らは敵を恐れて進軍しなかった。司馬亮は責任を問われて平西将軍に降格となり、劉旂は斬罪に処される事となった。司馬亮は軍司曹冏と共に上言すると、此度の過失は自らの責任であるとして、劉旂の死罪を免じるよう請うた。武帝は詔を下し「高平は周囲を包囲されて危急の時であった。劉旗の兵力で救援に赴くには十分であるのに、迅速に赴かずに進軍を躊躇い、あろう事か逃避して秦州の敗北をただ静観していた。故に劉旗の罪は重く、いかに請願されようともこの罪は担わせるべきである」と退けた。また、司馬亮の官爵は全て剥奪された。その後、しばらくして司馬亮は復職を許され、撫軍将軍に任じられた。

同年9月西陵歩闡が晋へ投降の使者を派遣すると、武帝の命により司馬亮は歩闡の身柄受け入れの任に当たった。だが、それより先に陸抗の侵攻により西陵城は攻め落とされ、歩闡は処断された(西陵の戦い)。

275年、司馬亮は扶風郡池陽県の食邑四千一百戸を母の伏夫人の湯沐邑として分け与え、家令・丞僕を設置した。後に食邑を南郡枝江県に改めた。伏夫人がかつて軽い病を患った時、司馬亮は洛水にある祭祀においてお祓いを行った。また、弟2人と共に持節と鼓吹を携えて常にそばで世話をしたので、洛水一帯でその徳望が知れ渡ったという。武帝は凌雲台に昇ってその場面の一部を望見すると「伏妃が富貴なのはこういう事であるな」と言ったという。

同年、衛将軍に昇進して侍中を加えられた。当時、宗室は隆盛を極めており、彼らを管轄する者は誰もいなかった。そのため、武帝は司馬亮を宗師とし、今までの官爵をそのままとして宗室への訓戒・視察の権限を与え、礼儀や制度を遵守させた。

277年8月汝南王に改封され、鎮南大将軍・都督豫州諸軍事に任じられた。また、開府を許され、仮節を与えられた。司馬亮が封国である汝南に入ると、車・白い10輪の牛車・銭50万が供給された。しばらくして、再び中央に召喚されると、侍中・撫軍大将軍・後軍将軍に任じられ、冠軍・歩兵・射声・長水など軍営の統率を任され、500の兵と100の馬を供給された。しばらくして、太尉録尚書事太子太傅に任じられ、侍中は以前通りとされた。

289年11月、武帝は病に倒れると、司馬亮と外戚楊駿太子司馬衷の補佐を任せようと考えた。だが、楊駿は司馬亮が権力を握るのを嫌い、皇后である娘の楊芷と共に裏で働きかけて司馬亮を侍中大司馬大都督豫州諸軍事に任じて仮黄鉞を与え、許昌に出鎮するよう命じた。三面軒県による鐘磬の楽と六佾の舞をもって遇され、子の司馬羕西陽公に任じられた。

290年4月、許昌に赴くよう命じられていた司馬亮はこの時まだ出発していなかったので、武帝は改めて司馬亮と楊駿に後事を託そうと考え、中書に命じて遺詔を作らせたが、楊駿は中書の下から遺詔を持ち去ると、自らの都合のよいように作り直した。武帝は死の間際まで司馬亮が来るのを待ったが、楊駿が阻んだので果たせなかった。武帝の死後、太子の司馬衷(恵帝)が後を継ぐと、楊駿は太尉・太子太傅・都督中外諸軍事・侍中・録尚書事に任じられ、朝廷の全権を握った。

司馬亮は楊駿の権勢を恐れて宮中には入らずに洛陽城外に滞在し、大司馬門外から哀悼だけを済ませた。また、上表して葬儀が終わったのを見届けてから許昌に出発することを請うた。楊駿は密かに司馬亮を討ち取ろうと目論み、石鑒らに討伐を命じたが、石鑒は従わなかった。楊駿の動きを知った司馬亮は、廷尉何勗の下へ赴いて対応策を尋ねると、何勗は「今、朝臣の心は皆あなたの下にあります。どうして討たれる事ばかりを恐れ、逆に討つ事を考えないのでしょうか」と答えた。また、ある人は司馬亮へ、兵を率いて宮殿へ乗り込んで楊駿を除くよう勧めたが、司馬亮はいずれも用いなかった。結局、司馬亮は星夜に洛陽を離れ、許昌に赴いて難を逃れた。

291年1月、恵帝の皇后賈南風は楊駿の権勢を妬み、宦官董猛に命じて孟観李肇と共に誅殺の計画を練った。また、李肇を許昌に派遣して司馬亮へ楊駿討伐に協力するよう持ちかけたが、司馬亮は応じなかった。3月、賈南風は恵帝の六弟である楚王司馬瑋と結託して政変を起こし、楊駿とその三族、また側近の者は尽く捕らえられて皆、誅殺された。

朝権を握る[編集]

恵帝は詔を下し「(大叔父の)大司馬・汝南王亮は中正であり、聖道をよく理解している。政務の理に精通しており、本朝においては補佐として業績を顕現出来得る人材であり、『周南』『召南』の2つの国風で中国において名を残している。今こそその遠大な謀略を頼みとし、王化を批評してもらいたい。よって、司馬亮を太宰・録尚書事に任じ、入朝においては趨行せずとも良く、佩剣・穿鞋を着けたまま上殿する事を許可する。また、隷属を10人増やし,1000の士兵と100の騎士を供給する。太保衛瓘と共に協力して朝政に当たるように」と命じ、司馬亮は太保衛瓘と共に輔政の任に就いた。そして衛将軍・北軍中候に司馬瑋が就いた。

司馬亮はまず人心を得ようと考え、楊駿討伐の功績として1081人を侯に封じた。御史中丞傅咸は司馬亮を諫め「此度のような封侯は古来より例がありません。大した功も無く賞を与えては、国に禍が起きることを願う者が増えるだけです。民は殿下(司馬亮)が国政を正すことを期待していますが、今は不満を抱いております。公平な論功行賞が行われていない事の現れです。」と述べた。司馬亮は実権を握ると殆どの政務を自ら行ったので、傅咸は再び諫めて「楊駿は国主を脅かすほどの権威を持ち、外戚ばかりを登用したので天罰を受けました。今こそ楊駿の過ちを正す時であり、寡欲な心で政務に当たり、細かな事案は各部門に任せるべきです。最近、尊門(司馬亮邸前)には車馬が溢れておりますが、権勢に媚び諂うような風潮は排斥すべきです。また、夏侯長容(夏侯駿。長容は字)は大した功がないにも関わらず少府に抜擢されました。人々は公(司馬亮)と婚姻関係にあるから重用されているのだと噂しています。これも良い風潮ではありません」と諫めたが、司馬亮は聞き入れなかった。

また、甥の東武公司馬澹は弟の東安公司馬繇と対立しており、司馬亮へ「弟の東安公繇は賞罰を勝手に行い、朝政を壟断しようとしております」と訴えると、司馬亮はこれを信じて司馬繇を罷免し、帯方郡に移らせた。

司馬瑋は横暴で殺人を好んだので、司馬亮はこれを忌み嫌っていた。司馬亮は衛瓘と謀議し、司馬瑋から兵権を奪うために臨海裴楷を司馬瑋の代わって北軍中候に任じた。だが、司馬瑋がこれに激怒すると、裴楷は恐れて中候の職を辞した。司馬亮は再び衛瓘と謀り、司馬瑋を始めとした諸王を封国に帰還するよう命じたが、さらに司馬瑋の怒りを買い、司馬亮等との対立を表面化させるようになった。司馬瑋の側近である長史公孫宏・舎人岐盛は賈南風と結ぶよう進言し、司馬瑋はこれに従った。賈南風はこれを慶び、司馬瑋に太子少傅を兼任させ、洛陽に留めた。

賈南風はかねてより衛瓘を憎んでおり、また司馬亮と衛瓘が政権を掌握していたので賈氏の権限が抑え込まれてい事に不満を抱いていた。司馬瑋配下の岐盛もまた衛瓘と対立しており、司馬瑋からの伝言と偽って、賈南風配下の積弩将軍李肇へ「司馬亮と衛瓘は皇帝廃立を企んでいる」と告げた。李肇はこれを賈南風に密告したので、賈南風は遂に司馬亮と衛瓘を除く事を決めた。

最期[編集]

6月、賈南風は恵帝に詔を作らせ、司馬瑋へ「太宰(司馬亮)と太保(衛瓘)は伊尹霍光を模倣して皇帝廃立を企んでいる。王(司馬瑋)は淮南王(司馬允)・長沙王(司馬乂)・成都王(司馬穎)に命じて諸々の宮門を制圧させ、司馬亮と衛瓘の官を免じるように」と告げた。司馬瑋は自ら統括している北軍を動かし、司馬亮と衛瓘の討伐を掲げて決起した。司馬瑋は公孫宏と李肇に司馬亮府を包囲させ、侍中・清河王司馬遐に衛瓘の逮捕を命じた。

司馬亮配下の帳下督李龍は「外で変事がありました。兵を集めて抵抗すべきです」と勧めたが、司馬亮は武力闘争を避けようとした。その間に公孫宏の兵が壁を登って喚声を上げると、司馬亮は驚愕して「我に異心は無いのに何故に兵を向ける。卿等は詔書を持っているのか。もしあるなら見せてくれないか」と問うたが、公孫宏は構わずに攻撃した。長史劉準は司馬亮へ「これは姦謀によるものです。府中には義士・俊才が大勢いるので、力戦すればまだ抵抗できます」と言ったが、司馬亮は抗戦を認めなかったので、遂に李肇に捕縛された。

司馬瑋の配下は皆、司馬亮を哀れに思い、昼を過ぎても誰も手を出す事ができなかった。その日は非常に暑かったので、士兵は司馬亮は車の中に入れ、交代で扇子で仰いでやったという。業を煮やした司馬瑋は「大叔父の汝南王亮を斬った者には1000匹の布を与えよう」と叫ぶと、司馬瑋の兵士たちは北門の壁下で司馬亮と世子の司馬矩を殺害した。髪の毛は引き抜かれ、鼻や耳も切り取られたという。衛瓘もまた捕らえられて誅殺された。司馬亮の最期の言葉は「わが赤心(忠心)は破り裂いて、天下に示すべき!」であった。

賈南風は司馬瑋に威権が集まる事を恐れ、独断で詔書を偽造して司馬亮と衛瓘を殺害したと宣言し、これを誅殺した。このために司馬亮の名誉は回復され、爵位を戻されて東園の温明祭器・棺材・朝服1襲・銭300万・布絹300匹を下賜された、喪葬の礼は安平献王司馬孚と同様の規模で執り行われた。「文成」と諡され、廟内には鐘磬の楽が飾り付けられた。

司馬亮の非業の死がきっかけとなり、八王の乱という大規模な内乱に発展していった。

宗室[編集]

[編集]

参考文献[編集]