司馬允

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

司馬 允(しば いん、272年 - 300年)は、中国西晋の人物。皇族の一人。欽度。初代皇帝武帝の第11子?。生母は李夫人。

生涯[編集]

277年8月、濮陽王に封ぜられ越騎校尉となった。

289年11月、淮南王に移り、鎮東大将軍・都督揚江二州諸軍事・仮節になって、父の武帝の意向により秦王司馬柬楚王司馬瑋と共に領国に赴任した。

武帝の死後、291年2月、楚王司馬瑋と共に洛陽に戻った。司馬瑋が汝南王司馬亮を討った時は、宮殿の門を守備していた。8月に諸王が出鎮しているので、この時に領国に戻ったものと思われる。9月に司馬柬が死去すると、恵帝(司馬衷)との間の兄達が誰も居なくなった。

299年、再び洛陽に戻った。300年、司馬遹が廃太子になると、皇太弟になるところだった。趙王司馬倫がクーデターにより政権を握ると警戒され、それに反発し挙兵するが伏胤に殺害された。

宗室[編集]

[編集]