楊駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楊 駿(よう しゅん、生年不詳 - 291年)は中国・西晋時代の権臣。文長弘農郡華陰県の出身。

略伝[編集]

従姪の楊艶武帝の最初の皇后だったため、若くして高陸令・驍騎鎮軍・二府司馬となる。楊艶が274年に亡くなる際、自分の産んだ太子司馬衷(恵帝)が知恵遅れであるために地位が危ういことを憂えて、再従妹(楊駿の娘)の楊芷を次の妃とするよう武帝に懇願し許された。276年の楊芷と武帝の婚姻により、楊駿は外戚としてさらに重きをなした。289年に武帝の病が進み、太子の暗弱を気遣った帝は楊駿と自分の叔父である汝南王司馬亮に補佐させようとした。ところが皇后楊芷は汝南王を排して許昌に左遷し、他の皇族も地方に追い払って楊駿を尚書にして、軍事その他の権力を与えた。

楊駿はその弟である楊珧・楊済とともに権勢をほしいままにし、天下三楊と称されるようになった。290年の武帝死後、楊駿は恵帝の補佐として政治を左右し、苛政を行ったという。ところが恵帝の皇后の賈南風は才気優れ、自ら政権を掌握しようと画策し、楊氏専制の非難が上がったのに乗じて武帝の第5子である楚王司馬瑋を入朝させ、禁兵の一部の指揮を執らせた。間もなく皇后の一味は恵帝に楊駿を廃する詔を出させ、兵を出して楊駿を厩で殺させた。皇太后の楊芷も庶人とされた。

衛瓘孟観と不仲で、武帝在世時には衛瓘の子が武帝の娘婿であったことを利用して衛瓘を失脚に追い込み、また、孟観は楊駿が弾劾された際に積極的に楊駿の排除に加担している。

弟の楊珧と楊済はそれぞれ優れた功績を挙げた人物で人望もあり、楊珧については鍾毓鍾会の兄)の先例を挙げて助命を嘆願する声も出たが、結局連座して楊氏は三族皆殺しとなった。楊太后も後に殺害された。楊氏に与したとみなされた人物も多くが三族皆殺しとなったが、文淑武茂武周の子)のように、讒言で巻き添えとなった者もいる。

関連[編集]