都督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大都督から転送)
移動: 案内検索

都督(ととく)とは中国の官職または称号三国時代に現れ、軍政を統轄した。

概要[編集]

本来、監督、統轄の意味で、司令官のことをいった。三国時代に諸州の軍権が民政から独立していき、都督が諸州諸軍事の長官とされた。多くは州の長官である刺史を兼ね、都督府を置いて府官を任じた。その後、六朝時代を通じて都督の官名が使われた。代には節度使が置かれたため、その権限は縮小したが、代には宰相の出征時に都督の称が臨時に使われたほか、元朝明朝にも大都督府の名称が見られた(→五軍都督府)。清朝では都督の名称は使われなくなったが、辛亥革命後、地方の軍政担当官として都督が置かれた。また、高句麗百済といった周辺民族の王に対しても「都督」の称号が与えられ、異民族懐柔策に用いられることがあった。

日本における都督[編集]