楊艶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楊 艶(よう えん、238年 - 274年)は、中国西晋の武帝司馬炎の皇后。恵帝の母。瓊芝

生涯[編集]

弘農郡華陰の人。父は曹魏の通事郎の楊炳(字は文宗)。母は正妻の趙氏。

容貌美しく、女紅をよくした。司馬炎にとつぎ、夫婦仲は良く、司馬衷(恵帝)など多くの子供を産んだ。咸熙2年(265年)、司馬炎が即位すると、皇后に立てられた。

司馬炎は太子の衷が暗愚なため廃そうと考えたが、艶は実子を溺愛し、力を尽くして諫めてこれをはばんだ。また、艶の働きかけにより賈南風が太子妃(のち皇后)となった。

泰始10年(274年)、崩じた。臨終に際して、胡芳胡奮の娘、司馬炎の寵妃)を厭い、再従妹の楊芷(武悼皇后)を次の皇后に立てるよう懇願した。された。その後、夫の諡を重ねて武元皇后と称された。

母方の従姉妹の趙粲は司馬炎の側室となっている。

子女[編集]

  • 司馬軌(毗陵王)
  • 司馬衷(恵帝)
  • 司馬柬(秦王)
  • 平陽公主
  • 新豊公主
  • 陽平公主

伝記資料[編集]

  • 晋書』列伝 后妃上