王穆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
王皇后
東晋の皇后
在位 升平5年9月14日[1] - 興寧3年1月16日
361年10月29日 - 365年2月22日

全名 王穆之
別称 哀靖皇后
出生 不詳
死去 興寧3年1月16日
365年2月22日
埋葬 安平陵
配偶者 哀帝
氏族 太原王氏
父親 王濛
母親 爰氏
兄弟 王修、王蘊
テンプレートを表示

王 穆之(おう ぼくし)は、中国東晋哀帝司馬丕の皇后。本貫太原郡晋陽県

生涯[編集]

父は司徒左長史の王濛。母は爰氏。

琅邪王司馬丕に嫁ぎ、妃(正室)となった。司馬丕が即位すると、升平5年(361年)9月、皇后に立てられた。興寧3年(365年)正月、崩じた。された。

姪(王蘊の娘)の王法慧孝武帝の皇后になった。

脚注[編集]

  1. ^ 『晋書』巻8 哀帝紀 升平五年九月戊申条による。

伝記資料[編集]

  • 晋書』巻32 列伝 后妃下