十階のモスキート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十階のモスキート
監督 崔洋一
脚本 内田裕也崔洋一
出演者 内田裕也
小泉今日子
吉行和子
音楽 大野克夫
撮影 森勝
配給 ATG
公開 日本の旗 1983年7月2日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

十階のモスキート』(じっかいのモスキート)は、崔洋一監督、内田裕也主演の日本映画である。1983年昭和58年)、ATG系ほかで公開された。

1978年(昭和53年)、廣田雅晴(当時、京都府警察巡査部長)が当時勤務していた西陣警察署から同僚の拳銃を盗み出し、郵便局で強盗未遂事件を起こすなどした警察不祥事を題材としている[1]。なお、同事件の犯人である廣田は出所後の1984年(昭和59年)、かつて勤務していた派出所(京都府京都市北区)に勤めていた巡査を殺害して拳銃を奪い、大阪府大阪市都島区消費者金融店で店員を射殺して現金を奪うという事件(京都・大阪連続強盗殺人事件)を起こし[2]1998年平成10年)に死刑確定している[注 1][4]

概要[編集]

ロックシンガーの内田裕也が『水のないプール』に続いて企画を担当した。脚本は内田と崔洋一の共同執筆で崔の監督デビュー作となる。撮影は『あんねの日記』の森勝。妻に離婚された現職の警察官が転落する過程を描く。ロケは千葉県君津市などで行われた。内田は、この映画のモデルとなった事件の犯人である廣田が出所後に115号事件を起こした際、「(1978年の事件は)社会との関わりでいえば、連合赤軍事件以来のショック」を受けていたと述べている[1]。監督の崔は内田から、「警察官が強盗する」という映画の制作を提案されて以来、大宅壮一文庫へ通い、題材となった廣田の事件の雑誌記事を大量に複写していた[5]

タイトルの由来は、「ある時ふっと気が付くと、壁にモスキート(蚊)をつぶした小さな血痕が付いていた。自分の血なんですけどね。僕はロックンロールのナントカなんて呼ばれてるけど、現実には、大きな宇宙の中のちっぽけなモスキートみたいなものにすぎない───、でも人は刺せるよ、というふうな、それがテーマなんです。」[6]。「組織の中で正直に生きようとすれば、落ちていかざるを得ない状況」を描いた作品で、タイトルの「十階」には、「十戒」という意味も込められている[7]

ストーリー[編集]

出世の見込みも無く、妻に逃げられた冴えない警察官の男は、マンションの十階に住んでいる。毎月の慰謝料、養育費、バーのツケ、ギャンブルの借金に追われ、精神が崩壊していく。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 廣田は控訴中に実名で手記を執筆し、『噂の眞相』に寄稿している[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 平凡パンチ 1984, p. 50.
  2. ^ 京都新聞』1988年10月25日夕刊第7版一面1頁「元警官広田に死刑 大阪地裁 連続強盗殺人で判決 自白、目撃証言信用できる 「残虐かつ冷酷」と断罪」(京都新聞社)
  3. ^ 廣田雅晴(大阪拘置所)「毎日を先陣としたマスコミ報道陣は「赤報隊」に射殺されよ!」『噂の眞相』第14巻第1号、株式会社噂の真相、1992年1月、 94-97頁。 - 通巻第155号(1992年1月号:毎月10日発売)。京都・大阪連続強盗殺人事件の犯人本人による手記。
  4. ^ 『京都新聞』2014年5月23日朝刊27頁「84年京都・大阪連続強盗殺人 死刑囚の原稿発信認める 大阪地裁「表現の自由」」(京都新聞社)
  5. ^ 野村正昭 1998, p. 111.
  6. ^ 「十階のモスキート」映画パンフレットより
  7. ^ 『朝日新聞』1984年9月5日東京夕刊第4版第二社会面10頁「郵便局強盗をした広田をモデルにした映画「十階のモスキート」の監督 崔洋一さん」(朝日新聞東京本社) - 『朝日新聞』縮刷版 1984年(昭和59年)9月号186頁。

参考文献[編集]