北沢正啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北沢 正啓(きたざわ まさひろ、1925年(大正14年)1月1日 - 2007年(平成19年)9月21日)は、日本法学者。専門は商法法学博士弁護士名古屋大学名誉教授中京大学学長。著書などでは、略字も使われているが、「北澤正啓」が正しい。

人物[編集]

鈴木竹雄門下で、平出慶道によれば鈴木の最初の弟子にあたる(ジュリストの『座談会 鈴木竹雄先生の人間と学問』(有斐閣、1996)による)。

戦後まもなく商法に導入された株主代表訴訟制度につき、いち早くアメリカの制度を紹介する論文「アメリカ会社法における株主代表訴訟」を発表し、日本の株主代表訴訟制度研究における先駆的な論文と位置づけられている。

兄の北沢博は元長野大学学長。

来歴[編集]

この他、東北大学・東京大学・愛知学院大学非常勤講師、名古屋大学法学部長・同評議員(2回)、中京大学法学部長、司法試験考査委員、日本海法学会理事、日本私法学会理事なども歴任。正四位勲二等瑞宝章受勲。

主著・論文[編集]

  • 『会社法』〈現代法律学全集18〉(青林書院、初版1979年、第6版2001年)
  • 鴻常夫)共著『英米商事法辞典』(商亊法務研究会、1986年)
  • 上柳克郎)・(鴻常夫)共編著『会社法1・2・3』(有斐閣、初版1975年、第6版1998年)
  • 『株式会社法研究』(主要論文をまとめた書籍)
  • 『商法の争点』(編者)

参考文献[編集]

  • 浜田道代編『日本会社立法の歴史的展開 : 北澤正啓先生古稀祝賀論文集』(商事法務研究会、1999年)
  • 『長野県人名鑑』信濃毎日新聞社、1974年