浜田道代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜田 道代(はまだ みちよ、濵田 道代1947年11月25日 - )は、日本法学者商法)。名古屋大学名誉教授公正取引委員会委員、サンゲツ社外取締役、東邦ガス社外取締役、アイシン精機社外取締役、首都高速道路社外監査役を歴任。瑞宝重光章受章者。

人物[編集]

旧帝国大学法学部初の女性教授(新制大学移行後)。北澤正啓の弟子。

2008年公正取引委員会委員人事につき、退任する山田昭雄委員の後任委員として、当時一橋大学大学院教授を務めていた上杉秋則(元公正取引委員会事務総長)が内定し、国会同意人事への閣議決定がなされた。ところがその後、この同意案件が政府によって採決前に取り下げられるという異例の事態が生じた。その後、2009年4月に当時名古屋大学法科大学院長を務めていた浜田道代が、公正取引委員会委員に就任した。

2012年竹島一彦委員長の退任後、国会同意人事の遅れのため、後任の委員長が決まらず、公正取引委員会委員長代理に就任。細川清委員も死去により退任したため、2013年3月まで異例の3人の委員体制となった[1]

経歴[編集]

法制審議会会社法部会委員、司法試験第二次試験考査委員、大学審議会特別委員、独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会学術創生部会委員、有限責任中間法人日本取締役協会幹事、財団法人UFJ奨学会評議員、名古屋高速道路公社料金問題調査会委員、早稲田大学法学部・法学研究科・比較法学研究所第三者評価実行委員会主査等も歴任。現在、サンゲツ社外取締役、東邦ガス社外取締役、アイシン精機社外取締役、首都高速道路社外監査役を務める[2]

主著[編集]

  • 『アメリカ閉鎖会社法―その展開と現状および日本法への提言』(商事法務研究会、1974年)
  • 『デラウェア会社法』(商事法務研究会、1988年)北澤正啓との共訳
  • 『レクチャー商法入門4版』(有斐閣、1995年、初版1989年)北澤正啓との共著
  • 『商法 新版』(岩波書店、2001年、初版1999年)
  • 『現代企業取引法』(税務経理協会、1998年)原秀六小林量・坂上真美・中東正文と共編[3]
  • 『商法の争点』北澤正啓との共編
  • 『日本会社立法の歴史的展開 : 北澤正啓先生古稀祝賀論文集』(商事法務研究会、1999年)編著
  • 『キーワードで読む会社法2版』(有斐閣、2006年、初版2005年)編著

参考文献[編集]

浅木慎一小林量中東正文今井克典編『検証会社法-浜田道代先生還暦記念』(信山社、2007年)

脚注[編集]

  1. ^ 「公取委、浜田氏が委員長代理へ」時事通信 2012/9/12 15:49
  2. ^ 役員紹介 - サンゲツ2020年6月25日、2021年7月30日
  3. ^ 現代企業取引法 2021年6月6日閲覧

外部リンク[編集]