北朝鮮における売春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北朝鮮における売春(きたちょうせんにおけるばいしゅん)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国内における売春の状況である。公式には、高度な監視により、北朝鮮における売春は違法で政府によれば売春は存在しない[1]。しかしそれでも目立たずに行われている[2]

花売り娘[編集]

基本的に北朝鮮では外国人による自由旅行が認められていないため、北朝鮮住民のみが対象になるが、平壌などの都市部では「花を買わないか?」と持ちかけて売春を行う花売り娘と呼ばれる売春婦がいるといわれている[要出典]

国家売春[編集]

北朝鮮では政府による強制売春が行われている。売春婦は「満足組」と呼ばれ「喜び組」の一組織である。「喜び組」とは14歳から20歳までの処女の中から選抜され、約20カ月間の訓練を受けた者で、25歳になると金正日や政府高官の警備担当者と結婚させられることが多い。「喜び組」に選抜されると党幹部の娘であっても拒否することはできない[3]。「満足組」は労働党の男性高級幹部相手に性行為をさせられる。一般の北朝鮮男性が「満足組」の奉仕を受けることはない[3]。売春は成人女性のみなのか、児童売春も行われているのかは不明。「喜び組」の全員が売春をするわけではなく、マッサージに従事する者、半裸で歌舞を演じる者もいる。

中国人による売春[編集]

金剛山観光地区では多くの中国人女性が売春婦として働いている。中国人売春婦の客は韓国人観光客であることも多い[4]

中国北部への脱北女性[編集]

貧困と厳しい環境から逃げ出そうとして中国での性的搾取の被害者となる北朝鮮人女性が増えている。人権団体によると、10万人以上の女性が北朝鮮から中華人民共和国(中国)へ脱出したと報告されている。彼女らの多くは強制的な性的奴隷となっている[5][6]

2005年以降の情報筋によれば「中国においての脱北者の60 - 70 %が女性で、そのうち70 - 80 %が人身売買の被害者である。暴力的な虐待は国境近くのアパートで始まり、その後女性たちは性奴隷として遠くの都市に移動させられる[3]。中国当局が彼女ら北朝鮮人性奴隷を逮捕すると、本国に送還する。北朝鮮当局は彼女らを収容所に確保する(または処刑する)。彼女らの中国人との間の子供は「北朝鮮の純血を維持するために」全員処刑されるか、強制的に堕胎される[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Korea DPR”. オリジナル2008年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080308222109/http://www.korea-dpr.com/faq.htm 2008年9月18日閲覧。 
  2. ^ Kim Il-song's North Korea by Helen-Louise Hunter. Published by Greenwood Publishing Group, 1999
  3. ^ a b c d Intervention Agenda Item 12: Elimination of Violence Against Women Archived 2012年3月6日, at the Wayback Machine.” at the United Nations Commission on Human Rights in April 2004; speaker: Ji Sun JEONG for A Woman's Voice International (AWVI, an NGO that focused on the PRC's and DPRK's treatment of North Korean refugees to China and of Christians). Incidentally, exactly one year after her speech, the ECOSOC's Committee on Non-Governmental Organizations, which “is the UN body that adjudicates requests by nongovernmental organizations for accreditation to participate in ECOSOC and its subsidiaries’ meetings”,[1] suspended AWVI at the instigation of the PRC's delegation. This came after another AWVI speaker activated a Chinese taser gun to illustrate torture by PRC authorities while giving his speech at the UNCHR's 61st plenary session.[2]アーカイブされたコピー”. 2008年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月22日閲覧。アーカイブされたコピー”. 2008年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月22日閲覧。
  4. ^ '금강산관광=sex관광?'” (Korean). naver News. 2010年2月8日閲覧。
  5. ^ "China: Korean women forced into sex slavery" by Carol Anne Douglas. Washington Post, 3/3/2004
  6. ^ “Smuggling, Sex And Slavery Sky News”. (2008年11月13日). オリジナル2009年2月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090211173232/http://news.sky.com/skynews/Home/World-News/North-Koreans-In-Prostitution-And-Slavery-After-Crossing-The-Border-Illegally-Into-China/Article/200811215150156 2008年11月17日閲覧。 

関連項目[編集]