北山愛郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北山愛郎
きたやま あいろう
生年月日 1905年7月16日
出生地 岩手県花巻市
没年月日 (2002-02-22) 2002年2月22日(96歳没)
出身校 盛岡中学東京帝国大学
前職 花巻町
所属政党日本社会党→)
左派社会党→)
日本社会党

選挙区 岩手県第2区
当選回数 10回
在任期間 1953年 - 1983年

テンプレートを表示

北山 愛郎(きたやま あいろう、1905年7月16日 - 2002年2月22日)は、日本政治家。元日本社会党衆議院議員

来歴・人物[編集]

岩手県花巻市生まれ。盛岡中学東京帝国大学で学び、中国へ渡って貿易統制機関で働く。戦後引き揚げて社会党結成に参加、花巻町長を2期務める。1953年衆院選に岩手2区から左派社会党公認で出馬、当選して1983年衆院選で落選するまで通算10期務める。

この間、党政策審議会長(1970年1972年)・党中央執行副委員長(1978年1981年)を歴任。国民服(中国の人民服)で国会に登壇したり、政界を退いた後もミニコミ紙を発行して政治評論活動を続けるなど、独特の活動で知られた。

2002年2月22日死去。享年96。

著書[編集]

  • 『日本社会党綱領文献集』日本社会党機関紙局、1978年。勝間田清一との共同監修

参考文献[編集]

  • 北山郁子『ドウリズムの政治』創泉堂出版、2010年。
党職
先代:
多賀谷真稔
日本社会党政策審議会長
第8代 : 1970年 - 1972年
次代:
堀昌雄