勇払駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勇払駅
勇払駅舎(2005年4月)
勇払駅舎(2005年4月)
ゆうふつ
Yūfutsu
H18 苫小牧 (13.1km)
(9.6km) 浜厚真
所在地 北海道苫小牧市字勇払
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 日高本線
キロ程 13.1km(苫小牧起点)
電報略号 ユフ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年大正2年)10月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホームに列車が到着(2005年4月)
1975年の勇払駅と周囲約1×1.5km範囲。右下が静内方面。左に山陽国策パルプ(現・日本製紙)勇払工場があり、駅表側より専用線が大きな右カーブを描き少し直線となった後工場内へ向かうが、この直線部分は日高本線旧線跡で、旧駅はこの直線延長上右手、長方形の公園状に仕切られた区域内にあった。当時の状況は国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス USA-M149-69 等で確認することができる。新駅の構内は、島式ホーム1面2線と駅表側に製紙工場向け留置線を数本、南側に保線用車庫と側線を持っている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

勇払駅(ゆうふつえき)は、北海道胆振総合振興局苫小牧市勇払にある北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線である。電報略号ユフ

1986年(昭和61年)10月まで運行されていた急行えりも」の停車駅であった。

歴史[編集]

かつては製紙工場の側線が引いてあり、かなり大きな駅だった。

年表[編集]

  • 1913年(大正2年)10月1日 - 苫小牧軽便鉄道勇払駅として開業。一般駅
  • 1927年(昭和2年)8月1日 - 苫小牧軽便鉄道が国有化により国有鉄道に移管。線路名を日高線に改称、それに伴い同線の駅となる。
  • 1929年(昭和4年) - 苫小牧駅 - 佐瑠太駅間軌間拡張を機に駅舎新築[1]
  • 1941年(昭和16年)10月25日 - 大日本再生製紙(後に山陽国策パルプを経て日本製紙)専用線の運用開始[1][2]
  • 1943年(昭和18年)11月1日 - 線路名を日高本線に改称、それに伴い同線の駅となる。
  • 1955年(昭和30年)9月27日 - 駅舎改築[1]
  • 1962年(昭和37年)12月2日 - 苫小牧港建設に伴い、苫小牧駅 - 浜厚真駅間線路付け替えにより北に移転[3]、改キロ。
  • 1967年(昭和42年)5月2日 - 札建工業砂積込み専用線の運用開始[1]
  • 1980年(昭和55年)以前 - 山陽国策パルプ専用線廃止。
  • 1982年(昭和57年)11月15日 - 貨物取扱い廃止。
  • 1984年(昭和59年)
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
  • 時期不詳(1985年-1991年の間) - 跨線橋撤去。
  • 時期不詳[注 1] - 簡易委託廃止、完全無人化。

国鉄時代は苫小牧(貨)駅 - 勇払駅間のみ連査閉塞だった。

駅構造[編集]

島式ホーム(片面使用)1面1線を有する地上駅。ホームは線路の南西側(様似方面に向かって右手側、旧2番線)に存在する[3]。かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。駅舎側が上りの1番線、反対側が下りの2番線となっていた[4]。使われなくなった駅舎側の1線は、交換設備運用廃止後は撤去された。そのほか1983年(昭和58年)4月時点では1番線の駅舎側に側線副本線)を1線と、そこから分岐した貨物側線などの行き止まりの側線を2線有し[4]、また日本製紙勇払工場の引込み線も存在した[3]

無人駅となっている。駅舎は構内の南側に位置しホームとはかなり離れており、ホーム南側とを結ぶ長い通路で連絡している[3]。これは以前駅舎とホームの間に側線や専用線が敷設されていた名残である[4]有人駅時代の駅舎を有する。交換設備運用当時は駅舎とホームの間は跨線橋で結ばれていた[4]。駅舎はコンクリートブロック造り二階建ての大きな建物[5]であるが、1階の旧事務部分室や2階部分などは開口部に板材が打ち付けられ完全閉鎖されている[5]

1962年移転前の旧駅は、駅舎は海側に位置し、千鳥状にずれた相対式ホーム2面2線と駅裏に留置線、駅舎横の苫小牧側に貨物ホームと引込み線を有していた。またホーム間に跨線橋は無く構内踏切で連絡していた[6][7]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「イプッ」(大事な入り口)に由来するとの説がある。この地はかつて太平洋から安平川を遡り、分水嶺を越えて千歳川から石狩川、さらに日本海へと至る重要なルートの入り口だった。そのほか同じくアイヌ語の「イブツ」(川口)[5]、「イ・プッ」(それの口)[8]など、由来には諸説ある。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は242人[4]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は282人[3]

駅周辺[編集]

工業地帯の合間を縫って海岸に出て来た所に位置した[4]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
日高本線
苫小牧駅 (H18) - 勇払駅 - 浜厚真駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1990年(平成2年)7月1日時点では簡易委託駅(小冊子『HANDBOOK 1990』「駅は旅の出発点」(発行:北海道旅客鉄道、1990年発行)より)、1993年(平成5年)3月時点では完全無人化されている(書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館、1993年6月発行)100ページより。)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 苫小牧市史 下巻 昭和51年3月発行。
  2. ^ なお、国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 1936年(昭和11年)陸軍撮影航空写真 913G83-C2-80 では、既に専用線が敷かれている様子が見て取れるが、事実関係は不明。
  3. ^ a b c d e 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館、1993年6月発行)100ページより。
  4. ^ a b c d e f g 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)100ページより。
  5. ^ a b c d 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)342ページより。
  6. ^ 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 1961年撮影航空写真 MHO612-C10-7111
  7. ^ 昭和7年版 線路一覧略図 札幌鉄道局発行。
  8. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)99ページより。

関連項目[編集]