加藤俊徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 俊徳
(かとう としのり)
生誕 1961年????
日本の旗 日本 新潟県三島郡寺泊町野積
国籍 日本の旗 日本
教育 昭和大学大学院医学部修了
職業 医学博士
活動期間 1977年 - 現在
公式サイト 公式個人サイト『Dr.KATOの脳の教室』
医学関連経歴
所属 加藤プラチナクリニック
専門 生命科学理論学
脳機能生理学
研究 海馬回旋遅滞症(HIR)
脳酸素交換機能計測法(COE)
脳画像
脳機能リハビリテーション
受賞 日本磁気共鳴医学会 国際飛躍賞(1997年)
武田研究奨励賞 優秀研究賞(2002年)

加藤 俊徳(かとう としのり)は、医師医学博士。脳画像診断医、小児科専門医。株式会社脳の学校 代表取締役。

来歴[編集]

新潟県三島郡寺泊町野積(現:長岡市)生まれ。寺泊町立野積小学校、寺泊町立寺泊中学校新潟県立長岡高等学校卒業後、昭和大学医学部卒業。1991年3月、同大学院修了。

光で脳機能を計測する近赤外線分光法を用いた光脳機能計測法を最初に実現した第一発見者で、fNIRSの生みの親である[1] [2][3][4]

1995年からミネソタ大学放射線科MR研究センターに在籍し、fMRIの原理にも精通している脳機能イメージングのパイオニアの一人である[5] [6][7]2001年迄在籍し。 現メーヨークリニック神経内科教授とのアルツハイマー病の脳機能研究[8]や認知症予防の活動[9][10] も行っている。

2006年6月1日、株式会社脳の学校を立上げ、代表取締役となる。脳の新しい見方「脳番地」論を提唱[11][12]。大人や子どもの発達障害に脳の海馬回旋遅滞が関与している事実を報告[13][14][15]。MRI脳画像を用いた脳個性を鑑定することができる[16][17]。ベクトル法NIRSを開発[18]。脳番地アクティビティを診断する新しい脳機能解析法SRIを発明[19]。所属学会:日本小児科学会日本放射線学会日本磁気共鳴学会北米放射線学会Organization for Human Brain Mappingほか。

現在は、ヒトの脳研究者、医師として活動する傍ら、、MRI脳個性鑑定、おとなと子どもの発達障害の診断と支援サービス、脳科学研究の支援事業、脳科学情報の提供、脳商品開発事業に従事している。

著作[編集]

単著[編集]

  • 美人のための脳アンチエイジング-何歳になっても鍛えられる。進化する。 (主婦の友社) ISBN 978-4072913970
  • いくつになっても脳は伸びる!「認知症」は脳を鍛えてくいとめる!(PHP研究所) ISBN 978-4569797274
  • 100歳まで成長する脳の鍛え方 (主婦の友社) ISBN 978-4072800119
  • 脳の強化書 - アタマがみるみるシャープになる!!(あさ出版) ISBN 978-4860633523
  • 脳番地を鍛える - 潜在能力を引き出すトレーニング (角川SSC新書) ISBN 9784827550528
  • MRI分析でわかった東大脳になる勉強習慣 (PHP研究所)加藤 俊徳【著】/奥 真也【監修】ISBN 978-4569775302
  • 脳はこの1冊で鍛えなさい (致知出版社)ISBN 978-4884748470
  • 脳番地を強くする - あらゆる能力が飛躍的にアップ! 日本実業出版社 ISBN 978-4534044778
  • 脳は自分で育てられる - MRIから見えてきた「あなたの可能性」(光文社)ISBN 978-4334975371
  • 仕事ができる人の脳できない人の脳 - 脳は自分で鍛えられる (ディスカヴァー・トゥエンティワン)ISBN 978-4887597877

共著[編集]

  • 絶対「ボケない脳」を作る7つの実験 (李白社) 渡部昇一/加藤 俊徳ISBN 9784894519220
  • シリーズ著名人の脳を診る 長谷川慶太郎の「完全脳」 - いくつになっても進化する (李白社) 加藤俊徳/長谷川慶太郎 ISBN 9784894519060
  • 脳と障害児教育(ジアース教育新社)脳と障害児教育編集委員会、坂口しおり ISBN 4-921124-45-0 C3037

監修[編集]

  • 老化に挑む よみがえる脳,延びる寿命(日本放送出版協会)NHK「老化に挑む」プロジェクト ISBN 4-14-081009-2
  • のんびり走れば脳がめざめる! - らくらく「ロニジョグ」健康法 (自由国民社) リュウサキ タツヤ【著】/加藤 俊徳【監修】ISBN 9784426115548
  • 天才児を育てる魔法のあそび - 親子で楽しむベビートレーニング (辰巳出版) 加藤 俊徳/石野 みどり/青山 克子/藤本 悠【監修】ISBN 9784777807574

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

引用文献[編集]

  1. ^ 高嶋幸男,加藤俊徳,他.NIR Spectroscopyによる局所脳血流変動の観察.心身障害児(者)の医療療育に関する総合的研究の報告書(厚生省)p.179-181 (1992)
  2. ^ Kato T, Kamei A, Takashima S, Ozaki T. Human visual cortical function during photic stimulation monitoring by means of near-infrared spectroscopy. J Cereb Blood Flow Metab 13: 516-520 (1993))
  3. ^ Ferrari M, Quaresima V.A. Brief review on the history of human functional near-infrared spectroscopy (fNIRS) development and fields of application.Neuroimage. 2012 Nov 1;63(2):921-935. doi: 10.1016/j.neuroimage.2012.03.049. Epub 2012 Mar 28.)
  4. ^ Kato T: Principle and technique of NIRS-Imaging for human brain FORCE: fast-oxygen response in capillary event. International Congress Series:1270C, 88-99 (2004)
  5. ^ 加藤俊徳、小川誠二 fMRI: a new aspect of temporal response. 臨床精神医学講座 24 精神医学研究方法 p302-315 中山書店 東京 (1999)
  6. ^ 加藤俊徳 1.5Tと4TにおけるfMRIの原理と測定法. 臨床精神医学講座 10:精神科臨床における画像 p47-78 中山書店、東京 (2000)
  7. ^ Yamamoto T, Kato T.Paradoxical correlation between signal in functional magnetic resonance imaging and deoxygenated haemoglobin content in capillaries: a new theoretical explanation. Phys Med Biol.47(7):1121-1141(2002)
  8. ^ Kato T, Knopman D, Liu H.Dissociation of regional activation in mild AD during visual encoding: a functional MRI study.Neurology;57(5):812-816 (2001)
  9. ^ 100歳まで成長する脳の鍛え方 (主婦の友社)
  10. ^ いくつになっても脳は伸びる!「認知症」は脳を鍛えてくいとめる!(PHP研究所)
  11. ^ 脳番地を鍛える - 潜在能力を引き出すトレーニング (角川SSC新書)
  12. ^ 脳番地を強くする - あらゆる能力が飛躍的にアップ! 日本実業出版社
  13. ^ 広汎性発達障害における海馬回旋遅滞症. BRAIN MEDICAL 16 p307-17 (2004)
  14. ^ 小児医療最近の進歩、脳画像からみた広汎性発達障害. 小児科 46 p363-73 (2005)
  15. ^ 海馬回旋遅滞症. Annual Review神経, 中外医学社 p340-348 (2006)
  16. ^ 脳は自分で育てられる- MRIから見えてきた「あなたの可能性」(光文社)
  17. ^ MRI分析でわかった東大脳になる勉強習慣 (PHP研究所)
  18. ^ Yoshino K, Kato T.Vector-based phase classification of initial dips during word listening using near-infrared spectroscopy. Neuroreport. 23(16):947-951 (2012)
  19. ^ 脳機能解析支援装置及びプログラム 特許2008-124257

参考文献[編集]

広汎性発達障害における海馬回旋遅滞症. BRAIN MEDICAL 16 p307-17 (2004)
小児医療最近の進歩、脳画像からみた広汎性発達障害. 小児科 46 p363-73 (2005)
海馬回旋遅滞症. Annual Review神経, 中外医学社 p340-348 (2006)
高嶋幸男,加藤俊徳,他.NIR Spectroscopyによる局所脳血流変動の観察.心身障害児(者)の医療療育に関する総合的研究の報告書(厚生省)p.179-181 (1992). この文献はfNIRSの最初報告である。 2012年fNIRSの短いレビューでは、Katoらが1991年12月にランセットに投稿したfNIRSの初期の歴史的事実が記載されている[1]
Kato T, Kamei A, Takashima S, Ozaki T. Human visual cortical function during photic stimulation monitoring by means of near-infrared spectroscopy. J Cereb Blood Flow Metab 13: 516-520 (1993)[1]
Kato T: Principle and technique of NIRS-Imaging for human brain FORCE: fast-oxygen response in capillary event. International Congress Series:1270C, 88-99 (2004)
Akiyama T, Ohira T, Kawase T, Kato T. TMS orientation for NIRS-functional motor mapping. Brain Topogr. 19(1-2):1-9(2006)
COE(脳酸素交換機能マッピング) -酸素交換度と酸素交換直交ベクトルの利用- 臨床脳波.48: 41-50 (2006)
COE装置(脳酸素交換機能マッピング) -酸素交換波動方程式の応用- 日本機械学会誌.108: 877 (2005)
COE(脳酸素交換機能マッピング)–光機能画像法原理の利用-. 小児科 46:1277-1292 (2005)
Functional MRI:リハビリテーションMOOK 10 神経疾患とリハビリテーション p53-70 (2005)
小児脳機能生理学とfunctional MRI(特集:脳・神経系のMRI)小児科診療 66:20-28(2003)
脳機能の局在化とfMRIの決定力. 脳神経外科 30:685-700 医学書院 東京(2002)
高次脳機能のfMRI:ヒト・メンタールオペレーション・システムの視覚化. 臨床放射線 44:1251-1264 (1999)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ferrari M, Quaresima V.A. Brief review on the history of human functional near-infrared spectroscopy (fNIRS) development and fields of application.Neuroimage. 2012 Nov 1;63(2):921-35. doi: 10.1016/j.neuroimage.2012.03.049. Epub 2012 Mar 28.)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]