創設者 (スタートレック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

創設者(そうせつしゃ、: Founders)は、アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する架空の異星人。惑星連邦から遠く離れたガンマ宇宙域においてドミニオンを創設し支配していることから創設者と呼ばれている。母星はオマリオン星雲にある。

呼称[編集]

創設者の自称・固有名は不明である。アルファ宇宙域において、創設者の出自情報が不明であったときはもっぱら可変種(Changeling)という呼称が用いられていた。可変種という呼称にはやや差別的な意味が含まれると認識されることがあり、流動体生物(Shapeshifter)という表現が良いとされる(元来Changelingは取り替え子の意味も持つ)。なお、オドーやラーズのように幼時から他種族の文化圏に派遣された者以外には個人名のようなものはない。

身体[編集]

流動体生物であり好きな形状(体積、質量問わず)へ変化することが出来る。ヒューマノイドの声や遺伝子構造まで同一にすることが可能な為、本物との見分けは難しい。ドミニオン戦争の際は血液検査によって細胞を分離する方法で判別した('本体'から分離された細胞はもとの液状に戻るため)。ただし若い流動体生物はヒューマノイドを完全にコピーすることはできないなど、経験によって変身能力に制限がある。

他にも飛翔能力を持つ動物や、霧や炎などの自然現象にも変身することができる。単独で宇宙空間を移動することも可能。

元々の姿は液体状である為、長時間変身しているとかなりの負担になるようである。

死を迎えると黒いバラバラの固形物と化す。寿命はかなり長く200年以上。どのように繁殖するのかは不明。

精神[編集]

変身能力を持たない固形種、つまり通常のヒューマノイド達からその存在と能力を恐れられ迫害された過去から、固形種を劣った存在と見なしている。

彼らが大切に思うのは同胞のみであり、自らを神と崇めるボルタジェムハダーに対してはドミニオンを維持・拡大するための道具としてしかみなしていない。ほかの固形種に対しても、対話や歩み寄りなどはせず、武力行使を躊躇しない。

固形種を支配するのも自分たちの身を守るためであり、資源や領有権を巡って争っているわけではない。

同種間のコミュニケーション[編集]

同種間であれば、体の一部または全体を液状にして混ぜ合わせることで、記憶や考え方の共有・議論が可能。 この行為を「繋がる」と言う。固形種のような声は必要ない。繋がることで、相手の病気を治療することも可能なようである。

母星にある「偉大なる繋がり」は多数の創設者が混ざり合い、海のような状態である。

代表的な創設者[編集]

  • 女性可変種(Female Changeling) - ドミニオン戦争時の代表(サロメ・ジェンスが演じた)。
  • オドー(オドー自身は、自分は創設者ではないと言い、あくまでもベイジョーの一員とみなしている)
  • ラーズ(Laas)(オドー同様に幼年期に宇宙に送り出されたため、ドミニオンの支配者という意味の創設者ではない)

関連項目[編集]