出川雅邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出川 雅邦
(でがわ まさくに)
生誕 1949年3月
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 薬学
研究機関 東京生化学研究所
東北大学
静岡県立大学
出身校 東京理科大学薬学部卒業
東京理科大学大学院
薬学研究科修士課程修了
主な業績 発癌性芳香族アミン
代謝的活性化機構の解明
化学物質による毒性発現
関する研究
化学物質による生活習慣病
発症に関する研究
主な受賞歴 日本薬学会東北支部奨励賞
1979年
日本薬学会奨励賞1994年
プロジェクト:人物伝

出川 雅邦(でがわ まさくに、1949年3月 - )は、日本薬学者衛生化学分子毒性学薬物代謝)。学位薬学博士東北大学1982年)。

東京生化学研究所研究員東北大学薬学部助教授静岡県立大学薬学部教授、静岡県立大学学生部部長、静岡県立大学副学長静岡県公立大学法人理事などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1949年3月に生まれた[1]東京理科大学に進学し、薬学部の製薬学科にて薬学を学んだ[2][3]1972年3月に東京理科大学を卒業すると、そのまま同大学の大学院に進学した[2][3]。東京理科大学の大学院では、薬学研究科にて研究を進めた[2][3]。この頃、東京生化学研究所に内地留学した[3]1974年3月に、東京理科大学の大学院にて、修士課程を修了した[2][3]。なお、後年、東北大学より薬学博士学位を授与されている[4]

研究者として[編集]

大学院修了後は、1974年4月より東京生化学研究所にて研究員を務めた[3][5]。翌年5月、東北大学に採用され、薬学部の教務職員となった[5]1979年2月より、東北大学の薬学部にて助手を務めた[5]。同学部では、主として衛生化学教室の講義を担当し[3]橋本嘉幸らと研究に取り組んだ[6]。その間、1992年5月から同年11月にかけて、文部省の在外研究員としてアメリカ合衆国に渡り、同国の国立毒性学研究センターにて研究を行った[5]1998年4月、東北大学の薬学部にて助教授に昇任した[5]。翌月、静岡県立大学に転じ、薬学部の教授に就任した[5]。同学部では、主として衛生分子毒性学分野の講義を担当した。また、静岡県立大学の大学院においては、薬学研究科の教授も兼務することとなった[5]。なお、大学院の薬学研究科は、2012年生活健康科学研究科と統合され、2研究院1学府に再編された。それにともない、大学院に新たに発足した薬学研究院の教授を兼務することになった。大学院では、主として薬食生命科学総合学府の衛生分子毒性学教室の講義を担当した[1]。その間、2005年5月から2007年3月にかけて、静岡県立大学の評議員を務めた[5]。また、2007年4月から2009年3月にかけては、静岡県立大学の学生部にて部長を務めた[5]。2009年4月には、静岡県立大学の副学長に就任するとともに、同大学の設置者である静岡県公立大学法人理事を兼任することとなった[5]2011年3月、副学長と公立大学法人の理事を退任した[5]2014年3月、静岡県立大学を退職する[7][8][9]。その後は静岡県立大学に再雇用され、地域連携推進本部の特任教授を務めていたが、2015年3月31日に退任した[10]

における公職としては、2001年1月から2011年1月にかけて、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会にて臨時委員、および、専門委員を務めた[11]。また、2003年9月から2008年3月にかけては、内閣府食品安全委員会にて専門委員を務めた[11]地方公共団体における公職としては、2003年4月から2007年3月にかけて、静岡県検査等精度管理委員会にて委員長を務めた[11]

研究[編集]

専門は薬学であり、衛生化学分子毒性学薬物代謝といった分野を中心に研究している[12]。具体的には、化学物質による毒性発現を研究しており、特にヒトをはじめとする動物においての、毒性発現の種差、性差、個体差について調査している[13]。また、化学物質による生活習慣病の発症についての研究にも取り組んでいる[13]。そのほか、異物代謝酵素について取り上げ、その多様性と薬効や毒性の発現について研究している[13]。また、シトクロムP450について取り上げ、その発現や誘導機構についても研究している[13]

長年に渡って化学発癌の研究を続けており、特に著名なものとしては、芳香族アミンの代謝と肝発癌の関連性の研究が知られている[3]。従来、発癌性芳香族アミンの代謝的活性化経路については、アミノ基Nの水酸化、O-アシル化が重要であると予想されていた[3]。しかし、代謝活性体は不安定で、代謝物としては確認されておらず、モデル化合物合成に成功した者もいなかった。しかし、出川は4-アミノアゾベンゼン誘導体を試料に、代謝活性体と推測されるそれら化合物の合成に世界で初めて成功した[3]。さらに、それらの化合物を化学的、生物学的に精査することで、発癌性芳香族アミンの代謝的活性化機構の解明に成功した[3]。また、発癌剤活性化酵素の発現や誘導の多様性が、芳香族アミン系発癌剤に対する発癌感受性を支配する要因になることを明らかにした[3]。これらの研究は高く評価され、1994年3月には日本薬学会奨励賞が授与されている[3][14][15]

学会としては、日本癌学会日本薬学会、日本毒性学会、日本環境変異原学会、日本薬物動態学会などに所属している[16]。日本癌学会では、1992年1月より評議員を務めた[16][17]。日本薬学会では、2002年2月から2010年1月まで、および、2013年1月から代議員を務めた[16][18]。また、2004年4月から2007年3月にかけては、広報委員会委員長とJHS編集委員を務めた[16]。2010年4月からは環境・衛生部会フォーラム委員会の委員を務めた[16]。日本毒性学会の前身である日本トキシコロジー学会では、2005年1月から2007年12月までJ. Toxicol. Sci.編集委員を務めた[16]。また、2009年1月からは評議員を務め[16]、日本毒性学会に改組されてからも引き続き務めた[19]

人物[編集]

東北大学に勤務していたころは、橋本嘉幸らとともに研究に従事していた[6]。後年、橋本が亡くなり、学士会館で偲ぶ会が催された際には、野田哲生らとともに弔辞を述べている[20]

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

執筆[編集]

編纂[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ a b c d 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 橋本嘉幸「日本薬学会奨励賞受賞出川雅邦氏の業績」『ファルマシア』30巻6号、日本薬学会1994年6月1日、642頁。
  4. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  5. ^ a b c d e f g h i j k 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  6. ^ a b 杉村隆「日本環境変異原学会創生の頃と今考えるべき改革」『環境変異原研究』24巻2号、日本環境変異原学会、2002年9月30日、66頁。
  7. ^ 出川雅邦先生・前田利男先生・山田静雄先生退官記念事業『最終講義のお知らせ』。
  8. ^ 「出川雅邦教授、前田利男教授、山田静雄教授最終講義のご案内」『2014/02/22 最終講義:出川雅邦教授、前田利男教授、山田静雄教授静岡県立大学薬学部・薬学研究院
  9. ^ 「薬学部出川教授・前田教授・山田教授最終講義」『薬学部 出川教授・前田教授・山田教授 最終講義:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  10. ^ 「教員人事」『はばたき』129号、静岡県立大学広報委員会2015年6月1日、18頁。
  11. ^ a b c 「主な社会活動」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  12. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  13. ^ a b c d 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  14. ^ 「日本薬学会奨励賞歴代受賞者」『歴代受賞者 日本薬学会賞|公益社団法人日本薬学会日本薬学会
  15. ^ 「主要研究業績」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  16. ^ a b c d e f g 「主な所属学会」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  17. ^ 「2014年評議員名簿」『日本癌学会|評議員(五十音順)日本癌学会
  18. ^ 「平成25、26年度代議員名簿」『日本薬学会からのお知らせ|公益社団法人日本薬学会日本薬学会
  19. ^ 「評議員一覧」『日本トキシコロジー学会:評議員一覧』日本毒性学会、2013年12月
  20. ^ 「橋本嘉幸先生を偲んで」&「メモリアルシンポジウム」基盤的癌免疫研究会から日本がん免疫学会へむけて開催のご案内』。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]