橋本嘉幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 嘉幸(はしもと よしゆき、1930年6月20日 - 2008年4月1日)は、日本の薬学者東北大学名誉教授。 専門は、薬物代謝学発がん腫瘍免疫学など。薬学博士東京大学、1958年)。医学博士(東北大学、1979年)。東京生まれ。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1953年3月 東京大学医学部薬学科卒業
  • 1958年9月 東京大学大学院化学系研究科薬学専門課程博士課程修了 東京大学 薬学博士 論文の題は「P-Dimethylaminoazobenzene(DAB)の犬尿中代謝成分に就いて」。  
  • 1979年9月 東北大学 医学博士 論文の題は「ニトロソアミンによるラット膀胱上皮細胞の試験管内癌化に関する研究(In Vitro neoplastic transformation of opithelial cells of rat urinary bladder by nitrosamines In Vivo and in vitro aspects of nitrosamine ans urea on rat 2 urinary bladder epithelial cells In Vivo and vivo effects of nitrosamine and urea on rat 2 urinary bladder epithelial cells) 」[1]

職歴[編集]

学内における役職[編集]

  • 東北大学評議員
  • 東北大学大学院薬学研究科長
  • 東北大学薬学部附属薬用植物園長

学会活動[編集]

受賞歴[編集]

各種委員歴[編集]

  • 文部省学術審査専門委員
  • 特定研究領域推進分科会
  • 大学設置・学校法人審議会専門委員
  • 厚生省中央薬事審議会臨時委員
  • 食品衛生調査部会臨時委員
  • 科学技術会議専門委員など

叙勲歴[編集]

著書一覧[編集]

  • 腫瘍免疫学、青木忠夫・橋本嘉幸、新宿書房 (1972)
  • 化学物質と癌の発生、小田嶋成和・橋本嘉幸編、学会出版センター (1978)
  • 図説癌免疫のしくみ、菊地浩吉・橋本嘉幸、新宿書房 (1979)
  • がんと免疫 (がんのバイオサイエンス)、橋本嘉幸編、東京大学出版会 (1991)
  • アポトーシスの分子医学 (Newメディカルサイエンス)、橋本嘉幸・山田武編、羊土社 (1995)
  • 新アポトーシスの分子医学 (新臨床医のための分子医学シリーズ)、橋本嘉幸・山田武編、羊土社 (1999)
  • アポトーシス―細胞死の機構、長田重一・井川洋二・橋本嘉幸編、羊土社 (2000)

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース