長田重一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 長田 重一(ながた しげかず)
生誕 (1949-07-15) 1949年7月15日(67歳)
日本の旗 日本 石川県
居住 日本の旗 日本
スイスの旗 スイス
研究分野 分子生物学生化学
研究機関 東京大学
チューリッヒ大学
大阪大学
京都大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
上代淑人
主な業績 細胞死の分子機構に関する研究
主な受賞歴 ロベルト・コッホ賞(1995年)
恩賜賞日本学士院賞(2000年)
プロジェクト:人物伝

長田 重一(ながた しげかず、1949年(昭和24年)7月15日 - )は、日本生物学者分子生物学)である。京都大学大学院医学研究科医化学教授

概要[編集]

石川県生まれ。

1977年(昭和52年)に東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了。理学博士「ポリペプチド鎖延長因子1.EF-1の精製と機能」。チューリッヒ大学分子生物学研究所研究員、東京大学医科学研究所助手、大阪バイオサイエンス研究所分子生物学研究部部長、大阪大学大学院生命機能研究科時空生物学教室教授・医学系研究科遺伝学教室教授を経て、2007年(平成19年)より現職。2010年(平成22年)、日本学士院会員。

アポトーシス研究の第一人者として知られる。

受賞・叙勲歴等[編集]

事件[編集]

  • 2014年の年末から2015年の年初にかけて、日本分子生物学会会員が運営する「日本の科学を考える」というWebサイトの「捏造問題にもっと怒りを」というトピックのコメント欄および2ちゃんねるの「捏造、不正論文 総合スレネオ 24」という掲示板において、1998年~2002年に出版された責任著者を務める5報の論文に不自然な画像データの酷似があることが匿名Aおよび名無しゲノムのクローンさんというハンドルネームの投稿で指摘され、一般に報道された[1][2][3][4][5][6]。5報の論文の筆頭著者は同一であった。5報のうちNature誌の論文一報については再実験したデータを用いて修正をおこなった[7]。修正後、この論文についての解説をNatureのインタビューで行なった[8]。尚、この17年前のNature論文の修正をツイッター[9]で讃えたスタンフォード大学の研究者は、世界中の20000報の論文を調べ、800報の論文に不自然な画像があったことを翌年の2016年に論文報告している[10][11]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ネットで論文画像の「類似」、「匿名A」が指摘 東大や阪大などの生命科学系約80本 産経新聞 2015年1月9日 2016年12月9日閲覧
  2. ^ 【超STAP事件】日本の学会は捏造論文だらけ!大スキャンダルに発展か 堀川大樹「むしマガ」Vol.272 2015年1月11日 2016年12月9日閲覧
  3. ^ 名大や東京医科歯科大、不正指摘受け本調査へ m3.com 2015年2月9日 2016年12月9日閲覧
  4. ^ 記者会見でも決着つかぬJ‐ADNI事件「不都合な真実」『集中』2015年2月12日 2016年12月9日閲覧
  5. ^ ネット上で指摘された「類似画像」論文に関して大学側が調査へ しかし疑惑はさらに拡大する恐れ 日本の科学と技術 January 10, 2015 2016年12月9日閲覧
  6. ^ [1] 世界変動展望 著者 Twitter 2015年2月4日 2016年12月9日閲覧
  7. ^ Corrigendum: Cleavage of CAD inhibitor in CAD activation and DNA degradation during apoptosis Nature Volume: 526, Page:728 Date published:(29 October 2015) 2016年12月9日閲覧
  8. ^ 混沌状態をすっきりさせるような研究が好き 「私」とNature 2016年 2016年12月9日閲覧
  9. ^ [2] 2016年12月9日閲覧
  10. ^ Problematic images found in 4% of biomedical papers Nature News 22 April 2016 2016年12月9日閲覧
  11. ^ The Prevalence of Inappropriate Image Duplication in Biomedical Research Publications mBio 7(3):e00809-16. 7 June 2016 2016年12月9日閲覧