内田俊一 (化学工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内田 俊一(うちだ しゅんいち、1895年(明治28年)12月3日 - 1987年(昭和62年)12月19日)は昭和の前期から中期頃にかけて活躍した日本の化学者工学者。専門は化学工学であり、日本の化学工業の創始者の一人。硝酸合成法の開発で有名。1984年(昭和59年)に文化功労者相模中央化学研究所理事長、東京工業大学学長などを歴任。

生涯[編集]

  • 1895年(明治28年) 岡山県出身。
  • 1920年(大正9年) 旧制一高を経て東京帝国大学工学部応用化学科卒業。
  • 1927年(昭和2年) 東京工業試験所の技師となる
  • 1929年(昭和4年) 在外研究員として欧米に留学
  • 1931年 (昭和6年) 東京帝大工学博士 論文の題は「アムモニア」ノ接触酸化ニ関スル研究
  • 1933年(昭和8年) 東京工業大学教授に就任
  • 1940年(昭和15年) 日本でははじめて化学工学科を東工大に設置し初代主任に着任
  • 1952年(昭和27年) 東京工業大学学長に就任
  • 1987年(昭和62年)に92歳で没した。

主な著書[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]