木村孟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 孟(きむら つとむ、1938年3月8日[1] - )は、日本の工学者。工学博士(東工大)。文部科学省中央教育審議会副会長。前独立行政法人大学評価・学位授与機構機構長。元東京工業大学学長。専門は、基礎・土質工学。東京都中野区出身[2]

略歴[編集]

1961年東京大学工学部土木工学科卒業、東京大学大学院数物系研究科土木工学修士課程修了。1968年、東京工業大学より博士号取得。東京工業大学助教授、教授を経て工学部長。1993年より東京工業大学長となる。

独立行政法人大学評価・学位授与機構 第2代 機構長(1998年-2009年3月)、中央教育審議会副会長などを務める。ケンブリッジ大学チャーチル・カレッジフェロー

受賞・受章[編集]

社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.405
  2. ^ 日本学士院賞授賞の決定について