松田武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松田 武彦(まつだ たけひこ、1921年9月14日 - 1999年1月26日)は、日本工学者工学博士

カーネギー工科大学(現カーネギーメロン大学)でハーバート・サイモンに学び、東京工業大学経営工学科助教授、教授、学長を歴任。日本オペレーションズ・リサーチ学会(OR学会)会長、IFORS(国際OR学会連合)会長、経営情報学会初代会長などをつとめ、日本における経営工学、OR研究の黎明期において、その発展、普及に寄与した。研究面では組織知能工学などを提唱。松田研究室出身者に飯島淳一など[1]

略歴[編集]

学位[編集]

受賞[編集]

叙勲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 退職に寄せて(2020年3月定年退職者からのメッセージ)東京工業大学
  2. ^ 「96秋の叙勲受章者 勳一等・勳二等」『読売新聞』1996年11月3日朝刊


先代
小林宏治
日本オペレーションズ・リサーチ学会会長
1980年 - 1982年
次代
横山勝義
先代
新設
経営情報学会会長
1992年 - 1994年
次代
宮川公男