偽ドミトリー3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

偽ドミトリー3世(にせドミトリーさんせい)(Лжедмитрий III; False Dimitri III,?‐1612年)は、動乱時代ロシアツァーリ僭称者。イヴァン4世の末子ドミトリー皇子を名乗った3人のうちの最後で、同時に最も動向の不明な人物。

シドルカという名の助祭だったらしい。ナルヴァ川以西から突然現れ、イングリア地方のイヴァンゴロドで1611年3月28日に皇子ドミトリーであると宣言した。翌1612年3月2日、モスクワ近郊を荒らしていたコサックによってツァーリに推戴され、コサックの報復をおそれたプスコフの指導層が彼を迎えて忠誠を誓ったため、「プスコフの悪党」と呼ばれた。しかし同年5月18日プスコフを脱出、逮捕されてモスクワ当局に引き渡され、処刑された。

関連項目[編集]