アレクサンドル・ミハイロヴィチ (トヴェリ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プスコフにおけるアレクサンドル公

アレクサンドル・ミハイロヴィチАлександр Михаилович 1301年10月7日 - 1339年10月29日)は、ウラジーミル大公(1326年-1327年)、トヴェリ大公1326年-1327年1337年-1339年)、アレクサンドル2世とも呼ばれる。父はミハイル・ヤロスラヴィチ、母はロストフ公の娘アンナ・ドミトリエヴナ

事跡[編集]

ドミトリー・ミハイロヴィチの死後、トヴェリ大公位を継ぐ。またウラジーミル大公にも任じられる。息子にはフョードル、レフ、フセヴォロドミハイル、ウラジーミル、アンドレイがいる。娘ウリアナはリトアニア大公アルギルダスに嫁ぎ、マリアはモスクワセミョーン大公に嫁ぐ。

1326年に兄と共にサライに行く。アレクサンドルが先に帰国した後、兄がモスクワユーリー3世ウズベク・ハンの前で殺害。

1327年にトヴェリにバスカクチョル・ハンが到着。その傍若無人な徴収活動に対し、トヴェリ市民が蜂起し、チョルは殺害される。この機会を利用し、モスクワのイヴァン1世ウズベク・ハンの軍を引き連れ、暴動鎮圧に成功する。アレクサンドル公は、ノヴゴロド、そしてプスコフに逃亡した。

1329年にリトアニアに逃亡する。

1335年までプスコフ公位に就く。イヴァン1世の軍事的示威行為と、府主教フェオグノストによるプスコフ市及びアレクサンドル公の破門を受け、アレクサンドル公はキプチャク・ハン国への出頭を決意し、ウズベク・ハンのもとに参上する。ウズベクはアレクサンドルを赦し、彼をトヴェリに帰国させた。

1339年にイヴァン1世がアレクサンドルのことをウズベク・ハンに訴える。

同年、再度キプチャク・ハン国に出頭し、そこで息子フョードルと共に処刑される。トヴェリ公位は弟のコンスタンチンが継承した。母アンナはこの後、カシンで修道女となり、生涯、殺害された夫や息子たちの魂の安和を祈る生活を送ったと伝えられる。


先代:
ユーリー3世
ウラジーミル大公
15代
1325 - 1327
次代:
イヴァン1世