アンドレイ・アレクサンドロヴィチ (ウラジーミル大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレイ・アレクサンドロヴィチ
Андрей Александрович
ウラジーミル大公
Facial Chronicle - b.07, p.035 - Andrey Alexandrovich of Gorodets enthroned.jpg
在位 1294年 - 1304年

出生 1255年
死去 1304年
配偶者 ヴァシリサ・ドミトリエヴナ
家名 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 アレクサンドル・ネフスキー
母親 アレクサンドラ・ブリャチスラヴナ
テンプレートを表示

アンドレイ・アレクサンドロヴィチАндрей Александрович1255年頃 - 1304年)は、アレクサンドル・ネフスキーの三男。母はポロツク公女アレクサンドラブリャチスラフ・ヴァシリコヴィチの娘)。 ゴロジェッツおよびコストロマ。1294年以降ウラジーミル大公

事跡[編集]

1277年にカフカースタタールに向けて遠征。

1281年以降、ウラジーミル大公位をめぐり、兄ドミトリー・アレクサンドロヴィチと争う。その際、タタールを唆してこれを味方に付けてドミトリーと戦う場合が多かった(1281年、1285年、1293年デュデンの侵寇)。

1294年にロストフ公ドミトリー・ボリソヴィチの娘ヴァシリサと結婚。この年に兄が死去し、ウラジーミル大公を確保した。

1304年に死去。彼の三人の息子は父親より早くに亡くなっており、ウラジーミル大公位は従兄弟のトヴェリ公ミハイル・ヤロスラヴィチに移る。


先代:
ドミトリー・アレクサンドロヴィチ
ウラジーミル大公
12代
1294年 - 1304年
次代:
ミハイル・ヤロスラヴィチ