イングリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イングリアの旗
サンクトペテルブルク県におけるイングリアとルター派の教区、1900年頃[1]

イングリアIngria)はネヴァ川流域の、フィンランド湾ナルヴァ川ペイプシ湖ラドガ湖に囲まれた地域の歴史的名称。スウェーデン語インゲルマンランド(Ingermanland)、フィン語でインケリ(Inkeri)、ロシア語でイジョラ(Ижора)またはインゲルマンランディヤ(Ингерманландия)と呼ばれる。現在のサンクトペテルブルクを中心とした地域である。

イングリアは、元々フィン・ウゴル族(フィン・ウゴル語派)の居住する地勢であった。当初はイゾリア人(イングリア人、Izhorians)やヴォート人が、後にはイングリア・フィン人エストニア人が進出した。しかしスラヴ人の北上によって次第にロシア化された。ヴァイキングノルマン人)の侵攻によってノヴゴロド公国が成立し、公国領に編入される。後に北方十字軍によるスウェーデン人の侵攻によってイングリアは争奪地となった。

この地域は、ロシア側から見ると「バルト海への出口」、「西欧への窓」として重要な交易地であった。17世紀初頭のストルボヴァの和約によってスウェーデン領となり、17世紀を通じてバルト帝国を形成したが、18世紀大北方戦争によってモスクワ国家ロシア帝国)領となり、サンクトペテルブルクが建設された。イングリア全体は、1721年のニスタット条約によってロシア領と確定し、以後はロシア領として今日に至る。

十月革命には短命ながら北イングリア共和国が成立し、フィンランドへの合流を模索していた。現在はロシア連邦レニングラード州に属している。イングリア語を話すイゾリア人(イングリア人)がわずかながら住むほか、ルーテル派を信仰するイングリア・フィン人は数万を超える。ソ連崩壊後は、イングリア・フィン人の中から大勢フィンランドに移民するものが出ている。

[編集]

  1. ^ Based on Räikkönen, Erkki. Heimokirja. Helsinki: Otava, 1924.
Northern-Europe-map-extended.png この「イングリア」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ