イヴァン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イヴァン2世

イヴァン2世イヴァノヴィチ(Иван II Иванович, 1326年3月30日 - 1359年11月13日)はモスクワ大公(在位:1353年 - 1359年)。イヴァン1世の息子でドミートリー・ドンスコイの父。

父イヴァン1世の死後、ズヴェニゴロドとルザの公となる。兄セミョーンの死後、スズダリ公コンスタンチンとモスクワ大公位を争い、これに勝利する。死後、モスクワ大公位は、幼少の息子、ドミートリーが継ぎ、府主教アレクセイが摂政となった。


先代:
セミョーン
モスクワ大公

1353 - 1359
次代:
ドミートリー・ドンスコイ