偽ピョートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

偽ピョートル(? - 1607年10月)は、ロシア・ツァーリ国リューリク朝断絶後の大動乱期に即位した皇帝である(在位:1606年 - 1607年)。当初はイレイコ・ムウロメツ(ロシア語: Илейко Муромец)を称した。本名はイリヤ・イヴァンコヴィッチ・コロヴィン(Илья Иванович Коровин)だったと考えられる。

リューリク朝最後の皇帝であるフョードル1世の息子と僭称した人物である。ただしフョードル1世に息子がいたとは史料上確認できず(1592年に生まれた娘・フェオドーシヤしか実子は確認されていない)、完全な架空人物を僭称したものであった[1]

偽ピョートルはヴァシーリー4世に対して反乱を起こすが、ミハイル・スコピン=シュイスキーによって鎮圧された。起死回生を図ってコサックの首長であるイヴァン・ボロトニコフロシア語版英語版と結託して新たな反乱を起こすもまたも鎮圧され、1607年10月に処刑された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 彼の以前・以後に登場した皇族僭称者の偽ドミトリー1世(在位:1605年-1606年)や偽ドミトリー2世偽ドミトリー3世はいずれも、フョードル1世の異母弟であり1591年に謎の死を遂げたドミトリー皇子を自称した。

関連項目[編集]