ヴァシーリー1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァシーリー1世
Василий I
モスクワ大公
Vasiliy and Sophia (sakkos of Photius).jpg
ヴァシーリー1世と妃ソフィヤ
在位 1389年 - 1425年

出生 (1371-12-30) 1371年12月30日
死去 (1425-02-27) 1425年2月27日(53歳没)
配偶者 ソフィア・ヴィトヴナ
子女 アンナ(ヨハネス8世パレオロゴス妃)
マリヤ(パトリカス・ナリマンタイティスの子ユルギスの妻)
ヴァシーリー2世
家名 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 ドミトリー・ドンスコイ
母親 エフドキヤ・ドミトリエヴナ
テンプレートを表示

ヴァシーリー1世Василий IVasilii I, 1371年12月30日 - 1425年2月27日)は、モスクワ大公(在位:1389年 - 1425年)。ドミトリイ・ドンスコイと公妃エフドキヤの長男。息子には ヴァシーリー2世がいる。弟には、後に一時的にモスクワ大公位に就くガーリチ公ユーリーロシア語版英語版、そしてモジャイスク公アンドレイ、ドミトロフ公ピョートル、コンスタンチンがいる。

事跡[編集]

1390年にリトアニア大公国ヴィータウタスの娘ソフィヤを娶る

1392年にニジニ・ノヴゴロド公国を併合する。同時代史料によれば、もはやモスクワの勢力拡大に対抗できないことを悟ったニジニ・ノヴゴロドの貴族たちが自分の公を説得したという。同時に、タルサムーロムゴロジェッツがモスクワに併合される。

他方、北東ルーシの若干の諸公(スタロドゥブ公、オボレンスキー公、ベロオーゼロ公)は大公の勤務人になり、軍司令官や代官を引き受け始めた。

1396年には、ヴィータウタスと会談し、対モンゴルに関し、共同歩調を取ることで合意する。

死に際して、モスクワ大公位を息子のヴァシーリー2世に譲ったが、このことが、ヴァシーリー2世と彼の叔父、ガーリチ公ユーリーとその息子たちとの大公位を巡る内戦を招くこととなった。

先代:
ドミトリイ・ドンスコイ
モスクワ大公
1389 - 1425
次代:
ヴァシーリー2世