俵萌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「俵萠子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

俵 萠子(たわら もえこ、1930年12月7日 - 2008年11月27日)は、日本評論家エッセイスト

経歴・人物[編集]

著書[編集]

  • 『子どもの世話にならずに死ぬ方法』- 2005年6月 中央公論新社 (2009年3月 中公文庫)
  • 『命を輝かせて生きる―わたしの選んだ第二の人生』 - 1996年3月 ISBN 4759304592
  • 『親は逃げられない―私の育てた2人のこども』 - 1986年11月 ISBN 4759301623
  • 『教師にのぞむこと―いじめ,体罰,管理教育をなくすには』 - 1986年2月 ISBN 4000049968
  • 『俵萌子の教育委員日記』 - 1983年1月 ISBN 4620304069
  • 『どぎまぎ性教育―娘と息子に試みたこと』 - 1979年11月
  • 『離婚は怖くない』 - 1979年7月
  • 『ママ、日曜でありがとう』- 1964年 サンデー新書[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]