信濃平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
信濃平駅*
駅入口(2006年12月17日)
駅入口(2006年12月17日)
しなのたいら
Sinano-Taira
北飯山 (3.3km)
所在地 長野県飯山市大字常盤[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 飯山線
キロ程 23.8km(豊野起点)
電報略号 タイ[2]
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
72人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1923年大正12年)7月6日[1]
備考 無人駅[1]
* 1944年に信州平駅から改称[1]
標高:311.6m[2]
テンプレートを表示

信濃平駅(しなのたいらえき)は、長野県飯山市大字常盤にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)飯山線である[1]

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)7月6日 - 飯山鉄道の信州平駅(しんしゅうたいらえき)として開業[1]
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 国有化により、国鉄飯山線の駅となる。同時に信濃平駅に改称[1]
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄の分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅[1]。かつては3線のホームを有していた。

飯山駅管理の無人駅である[1]。駅舎は有蓋緩急車ワフ29737)を改造して設置されている[1]

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2009年度 - 75人[2]
  • 2010年度 - 70人
  • 2011年度 - 72人

駅周辺[編集]

周辺は田園地帯となっている[2]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
飯山線
北飯山駅 - 信濃平駅 - 戸狩野沢温泉駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『週刊 JR全駅・全車両基地』21号 新潟駅・弥彦駅・津南駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年12月30日、25頁。
  2. ^ a b c d e 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』 信濃毎日新聞社、2011年7月24日、41頁。ISBN 978478407164。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]