伊藤和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 和夫(いとう かずお、1927年 - 1997年1月21日)は、日本予備校講師駿台予備学校英語科専任講師を約30年間務めた。『基本英文700選』、『英文解釈教室』、『ビジュアル英文解釈』など、難関大学受験生の必読書とされた英語参考書を上梓し、「受験英語の神様」、「受験英語界の巨人」[1]とも呼ばれた。長野県出身。

経歴[編集]

1944年、東京都立第五中学校(現・東京都立小石川中等教育学校)卒業。第一高等学校(旧制)を受験したのは、太平洋戦争が終わる前年の1944年(昭和19年)で、この年は旧制高等学校の入試において、受験科目から英語が外された唯一の年であった。予備校で受験英語を講じることに人生を捧げた伊藤だが、自らの旧制高等学校受験(新制大学受験に相当[注釈 1])で英語が試験科目になかったことになる[3]1953年東京大学文学部西洋哲学科卒業。卒業論文スピノザの「エチカ」。

1954年、横浜の山手英学院の英語科講師となる。1966年4月奥井潔の紹介で駿台予備学校英語科へ移籍。以後、同校専任講師として1990年代中頃まで勤務。駿台予備学校英語科主任を務め、同校の経営母体である学校法人駿河台学園の理事にも就任した。1997年に死去。

構文主義[編集]

英文法の枠組を英文解釈に利用可能な形で取り入れた読解法は「構文主義」と呼ばれ、受験英語界(特に駿台予備学校英語科)の伝統となった。1970年代から1980年代の受験界では「『基本英文700選』を暗記すれば、わからない英文はなくなる」と言われ[1]、『1980年代後半の受験生の姿を描いた『七帝柔道記』には「合格者のほぼ全員が『英文解釈教室』を使っていた」と伊藤和夫の名が実名で登場しており、いかに受験生の間で伊藤が巨大な存在だったかがわかる。現在の高校予備校の英語教師の中にも彼の影響下にある者は少なくない。なお、ここで言う「構文主義」とは「くじら構文」や「so~that構文」などではなく、単語・熟語の枠を超え、文という単位で英語を理解しようとする姿勢のことである。

伊藤和夫が目指したものは「直読直解」であり、返り読みや品詞分解を推奨していた訳ではない[1]。予測と修正という考えによって、返り読みは否定されており、品詞分解もある程度は必要悪として認めていたが、英文の原型が分からなくなるほど文を細切りにすることには否定的であった。

著作一覧[編集]

  • 1964年 - 『新・英文解釈体系』(有隣堂
  • 1968年 - 『基本英文七〇〇選』(鈴木長十と共編、駿台文庫
  • 1972年 - 『英文法頻出問題演習』(駿台文庫)
  • 1975年 - 『英語構文詳解』(駿台文庫)
  • 1977年 - 『英文解釈教室』(研究社
  • 1979年 - 『英文法頻出問題演習 増補改訂版』(駿台文庫)
  • 1979年 - 『英文法教室』(研究社)
  • 1983年 - 『英語長文読解教室』(研究社)
  • 1983年 - 『英文和訳演習・中級篇』(駿台文庫)
  • 1984年 - 『英文和訳演習・上級篇』(駿台文庫)
  • 1984年 - 『英文和訳演習・基礎篇』(駿台文庫)
  • 1985年 - 『必修英単語三〇〇〇選』(鈴木長十と共編、駿台文庫)
  • 1986年 - 『かならずワカる 英語の学習法』(駿台文庫)
  • 1986年 - 『基本英文七〇〇選・改訂版』(鈴木長十と共編、駿台文庫)
  • 1987年 - 『英語要旨大意問題演習』(駿台文庫)
  • 1987年 - 『ビジュアル英文解釈(Part I) 駿台レクチャーシリーズ』(駿台文庫)
  • 1988年 - 『ビジュアル英文解釈(Part II) 駿台レクチャーシリーズ』(駿台文庫)
  • 1988年 - 『伊藤和夫の英語学習法 — 大学入試 駿台レクチャーシリーズ』(駿台文庫)
  • 1989年 - 『英文和訳演習・入門篇』(駿台文庫)
  • 1991年 - 『新・英文法頻出問題演習』(駿台文庫)
  • 1991年 - 『英文法の集中治療室』(一竹書房
  • 1992年 - 『「新・英頻」併用英文法問題集』(駿台文庫)
  • 1992年 - 『英熟語の集中治療室』(一竹書房)
  • 1993年 - 『英語総合問題演習・入門篇』(駿台文庫)
  • 1993年 - 『英文法どっちがどっち』(一竹書房)
  • 1993年 - 『英語総合問題演習・基礎篇』(駿台文庫)
  • 1994年 - 『ルールとパターンの英文解釈』(旺文社
  • 1994年 - 『テーマ別英文読解教室』(研究社)
  • 1994年 - 『英語総合問題演習・中級篇』(駿台文庫)
  • 1995年 - 『英語総合問題演習・上級篇』(駿台文庫)
  • 1995年 - 『大学入試 伊藤和夫の英語学習法』(駿台文庫)
    •  上記「かならずワカる 英語の学習法」の改訂版。
  • 1996年 - 『英文解釈教室 基礎編 英文解釈教室シリーズ』(研究社)
  • 1996年 - 『英文解釈教室 入門編 — 高1レベルからラクラク学べる 英文解釈教室シリーズ』(研究社)
  • 1996年 - 『英文法のナビゲーター(上)大学入試 研究社ナビゲーター・シリーズ 1』(研究社)
  • 1996年 - 『英文法のナビゲーター(下)大学入試 研究社ナビゲーター・シリーズ 2』(研究社)
  • 1997年 - 『英文和訳の十番勝負 — 入門からゴールまでの学力診断 駿台受験シリーズ』(駿台文庫)
  • 1997年 - 『英文解釈教室(改訂版) 英文解釈教室シリーズ』(研究社)
  • 1997年 - 『予備校の英語』(研究社)
  • 1998年 - 『テーマ別 英文読解教室・新装版』(研究社)
  • 2001年 - 『新・英文法頻出問題演習(Part1)駿台受験シリーズ』(駿台文庫)
  • 2001年 - 『新・英文法頻出問題演習(Part2)駿台受験シリーズ』(駿台文庫)
    •  上記「新・英文法頻出問題演習」を2分冊にしたもの。
  • 2001年 - 『英語要旨大意問題演習 駿台受験シリーズ』(駿台文庫)
  • 2002年 - 『新・基本英文700選 駿台受験シリーズ』(駿台文庫)
    •  上記「基本英文700選〈改訂版〉」を駿台文庫で改訂したもの。訳文の変更や例文の差し替えもある。
  • 2004年 - 『英語長文読解教室・新装版』(研究社)
  • 2008年 - 『英語構文詳解 新装版 駿台受験シリーズ』(駿台文庫)
  • 2010年 - 『英文法教室・新装版』(研究社)
  • 2014年 - 『英文法どっちがどっち 単語の品詞がわかる本』(復刊ドットコム
  • 2017年 - 『英文解釈教室・新装版』(研究社)
  • 2018年 - 『[新版] ルールとパターンの英文解釈』(研究社)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 旧制高等学校は、帝国大学の予科の性質の学校であるため、ほぼ全員が帝国大学に無試験で進学できるよう、旧制高等学校の総定員より帝国大学の総定員の方が多くなっていた。志望者が集中する特定の大学の人気学部でのみ、高等学校から進学する際に「大学入試」が行われた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 刀祢館正明「英語をたどって 5」『朝日新聞』2013年11月13日夕刊1面
  2. ^ 秦 2005, pp. 37-47, 第二章 黎明の季節-卒業生は二十一万五千人
  3. ^ 2018年現在では、センター試験と2次試験の外国語科目において英語ではない言語を選択することにより、英語を受験せず学部一般入試で東大に入学することが可能である。

参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]