任侠山口組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
任侠山口組
Yamabishi.svg
“山菱”
設立 2017年
活動期間 2017年 - 現在
敵対組織 六代目山口組
神戸山口組

任侠山口組(にんきょうやまぐちぐみ)は2017年4月30日に、神戸山口組の一部直系組員らが分裂して結成したとされる日本暴力団である。結成当初は、「任俠団体山口組」としていたが、同年8月9日に現名称へ改名した。

概要[編集]

元々は、指定暴力団山口組を源流としていたが、2015年に抗争分裂が起き、一部メンバーが神戸山口組を結成。しかし、2017年4月30日、この神戸山口組のメンバーの一部が再分裂して「任俠団体山口組」を結成。これにより山口組を源流とする暴力団は3派に分割することになった。

2017年4月30日の決意表明と称した結成式で、組織については名目上の「組長」は置かないで、神戸山口組系列の中核団体「山健組」の織田絆誠元副組長(当時50)を代表、また、「真鍋組」の池田幸治組長(当時50)を本部長とする組織を発表した。

暴力団対策法上、指定暴力団とする場合には「暴力団の威力を用いて資金を獲得」「構成員の一定以上に暴力団特有の犯罪歴」「組長などをトップとした階層的な暴力団特有の組織形態」の3要件が必要と規定されており、組長を置かない任侠団体山口組は暴対法逃れの組織形態になっているとの指摘があるが、警察当局は、分裂でなく内部対立状態であり、今後も神戸山口組の一部として暴対法上の規制対象になると認識している[1]

なお、5月7日には六代目山口組系淡海一家から分裂した「京滋連合」の結成式に任俠団体山口組の池田幸治本部長らが出席しており、同団体も任侠団体山口組に合流したとみられる[2]

8月9日に、「任侠山口組」へ改名した。 改名の主な理由として、報道機関が旧組織名である「任俠山口組」を報じる際、旧字体である「俠」がインターネットニュースなどで正確に表記されず、「任●山口組」と誤表記される事例が相次いだことが挙げられる。あたかも隠語のような「任●山口組」では、あまりにも体裁が悪いとして、内外より不満の声が高まったため改名に至った[3]

抗争[編集]

  • 2017年9月12日、神戸市長田区の路上で、代表・織田絆誠らの乗った車列が、武装した集団から銃撃された。織田は現場近くに住んでおり、自宅を出発した直後に待ち構えていた男らに襲撃された。織田の乗車する車両は後進(バック)走行でその場から立ち去り、織田は一命をとりとめたが、織田のボディーガードである組員1名が射殺された[4]。現場からは銃撃した複数の男らが逃走していたが、9月16日、兵庫県警長田署捜査本部は、殺人容疑で神戸山口組直系である山健組傘下の組員を全国に指名手配した。

出典[編集]

  1. ^ “【山口組再分裂】新組織は「組長空席」「平等、支え合い」標榜 暴力団指定免れる形態に?”. 産経ニュース. (2017年5月11日). http://www.sankei.com/affairs/news/170511/afr1705110029-n1.html 2017年5月13日閲覧。 
  2. ^ “「任侠団体山口組」結成1週間、6代目山口組にも異変 直系から組員離脱「京滋連合」誕生”. zakzak. (2017年5月9日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170509/dms1705091700009-n1.htm 2017年5月13日閲覧。 
  3. ^ “「神戸山口組離脱の勢力、組織名を「任侠山口組」に変更 旧字体表記されず不満か”. 産経WEST. (2017年8月10日). http://www.sankei.com/west/news/170810/wst1708100100-n1.html 2017年9月14日閲覧。 
  4. ^ “溝口敦氏特別リポート 「任侠山口組」織田代表襲撃の内幕か”. 日刊ゲンダイ. (2017年9月13日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213441/1 2017年9月15日閲覧。 

関連項目[編集]