令狐徳フン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「令狐徳棻」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

令狐 徳棻(れいこ とくふん、583年 - 666年)は、中国歴史家本貫敦煌郡效穀県。一族は早くに宜州華原県に移り住んでいたので、華原の人とも言う。

祖父の令狐整北周大将軍に、父親の令狐熙は北周の吏部中大夫・儀同大将軍の位に就いていた。徳棻は唐の高祖の治世に、大丞相府記室に任じられ、後に起居舎人・礼部侍郎・国子監祭酒・太常卿・弘文館学士・崇賢館学士などの職を歴任した。唐の初め、北斉、北周及びの正史の修訂を奏請して認められた。龍朔二年(662年)、徳棻は八十の高齢で、金紫光禄大夫を加えられた。家で死去。『周書』の主編者であった。

徳棻は二つの歴史的に意味のあることをした。その一つは太宗の即位を奏請する書を募り、「宏文殿に四部の書を聚めて群書は二十余万巻」となった(『唐会要』宏文館)。二つ目は、修史で——「創修撰之源、徳棻より始まるなり」(趙翼二十二史箚記》)。二十四史中で徳棻が貢献したものは『梁書』『陳書』『北斉書』『周書』『隋書』『晋書』『南史』『北史』の8部で、人はただ賛嘆するばかりであった。