今井賢一 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今井 賢一(いまい けんいち、1931年8月7日 - ) は、日本経営学者スタンフォード大学名誉シニアフェロー一橋大学名誉教授一橋大学商学部長等を経て、一橋大学学長選挙で落選し、スタンフォード大学教授に転身。東京大学エッジキャピタルシニアアドバイザー、京都府特別参与等を務めた。紫綬褒章受章。指導学生に伊丹敬之など[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1964年 一橋大学商学部附属産業経営研究施設助教授
  • 1971年 一橋大学商学部附属産業経営研究施設教授
  • 1985年 一橋大学商学部長
  • 1986年 一橋大学学長選除斥[3]
  • 1990年 スタンフォード大学経済学部教授、スタンフォード大学国際研究所上級研究員[4]
  • 1991年 スタンフォード日本センター理事長(2002年8月迄)、同研究部門所長(2000年8月迄)[4]
  • 1995年 京都府中小企業総合センター所長
  • 1996年 財団法人京都産業情報センター監事
  • 2001年 株式会社アーニス・サウンド・テクノロジーズ代表取締役社長兼務
  • 2004年 株式会社東京大学エッジキャピタル取締役
  • 2010年 株式会社東京大学エッジキャピタルシニア・アドバイザー[5]
    • この間国際価格構造研究所所長、京都府中小企業総合センター(現京都府中小企業技術センター)所長、京都府特別参与、通商産業省産業構造審議会産業情報化小委員会委員長、物価安定政策会議委員、行政改革推進本部情報・通信作業部会専門委員、通商産業省産業構造審議会産業金融小委員会委員長、地域経済総合研究所評議員、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー等を歴任[6]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一橋ビジネスレビュー 2013 Spring(60巻4号)
  2. ^ 「一橋大学の産業経営および情報問題の研究について 」一般社団法人如水会
  3. ^ 「20世紀の一橋」一橋新聞
  4. ^ a b 「今井 賢一」スタンフォード日本センター
  5. ^ [1]株式会社東京大学エッジキャピタル
  6. ^ [2]