安藤博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 博(あんどう ひろし、1902年明治35年〉9月25日 - 1975年昭和50年〉2月21日)は、滋賀県滋賀郡膳所町(現・大津市膳所)出身の発明家で、日本におけるエレクトロニクスの開拓者。日本のエジソン、東洋のマルコーニなどと呼ばれた。放送関連の研究に従事し、英語のブロードキャスト (broadcast) に「放送」という訳語を付けた。

主要な発明品[編集]

その他[編集]

1947年第1回参議院議員通常選挙全国区から立候補したが落選した[2]

関連項目[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 4.同期検定装置の発明について_財団法人 安藤研究所
  2. ^ 『参議院名鑑 1890年から現在・貴族院含む』954頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]