交告弘利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
纐纈 弘利
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県
生年月日 (1946-08-20) 1946年8月20日(72歳)
身長
体重
183 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1963年
初出場 1965年10月5日
最終出場 1967年10月15日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

交告 弘利(こうけつ ひろとし、1946年8月20日 - )は、岐阜県出身のプロ野球選手。ポジションは投手纐纈 弘利とする文献もある。

来歴・人物[編集]

岐阜短期大学付属岐阜高等学校(現・岐阜第一高等学校)在学中に、阪神タイガースの熱心なスカウトを受け、高校2年時の1963年に高校を中退して、阪神に入団した。

1964年に投手として選手登録。当時の阪神の投手コーチだった、杉下茂が惚れ込んだ逸材だったが、体が硬く全体的にギクシャクしていたため、プロでは伸び悩んだ。スリークォーターよりやや下から繰り出される球には、伸びや切れも感じられなかったと伝わる[2]1965年10月5日巨人戦(後楽園球場)がプロ初登板。同年10月25日広島戦でプロ初先発した(敗戦投手になっている)[3]。プロでは消化試合後の先発や敗戦処理での登板がメインだった。これは当時の阪神が慢性的な左投手不足にあったため、実力的には劣っていたものの、潜在能力の高さを買われていた交告を登板せざるを得なかったためであると言われている。1965年には1試合、いわゆる当て馬として先発出場(一塁手)している。

1967年10月15日サンケイ戦(東京スタジアム)で先発したが、打ち込まれて敗戦投手になると、翌1968年は登板機会がなく、同年末に自由契約となった。

1969年にはグローバルリーグの「東京ドラゴンズ」に参加。しかし、リーグは資金難により僅か1年で解散し、この年を以て現役引退した。

江夏の入団により隅に追いやられた格好となったが、江夏とは仲が良く、一緒に花札で遊んだ事もあると江夏の自伝で記されている。

ドロップ、シュートを武器としたが、制球難であった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1965 阪神 5 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 33 7.2 7 0 4 0 0 6 1 0 5 3 3.38 1.43
1966 5 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 36 9.0 10 0 3 0 0 2 0 0 1 1 1.00 1.44
1967 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 11 2.0 1 1 4 0 0 1 0 0 4 4 18.00 2.50
NPB:3年 12 3 0 0 0 0 2 -- -- .000 80 18.2 18 1 11 0 0 9 1 0 10 8 3.86 1.55

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 阪神 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1966 5 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1967 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:3年 13 2 2 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000

背番号[編集]

  • 69 (1963年)
  • 58 (1964年)
  • 35 (1965年 - 1968年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]