井上篤夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井上篤夫(いのうえ あつお、1947年[1] - )は、日本作家翻訳家。アメリカ、英国を中心に、時の人物を深く掘り下げた評伝を数多く執筆。翻訳の分野でも活躍している。

人物・来歴[編集]

  • 1947年(昭和22年)岐阜県岐阜市に生まれる[1]地元の小学校、中学校、高等学校を卒業[要出典]早稲田大学在学中から、週刊誌記者を始めた[1]
  • 1976年、集英社「週刊プレイボーイ」のアメリカ建国200年企画「VIPインタビュー」で、1か月間にわたり全米各地を取材した[1]ビートルズジョージ・ハリスン、元米大統領ジミー・カーターの息子などをインタビュー[1]。その後も英国のベストセラー作家ジェフリー・アーチャー、女優のブルック・シールズ、元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ、米の元陸上競技のスーパースター、10のオリンピックメダリストのカール・ルイスなどをインタビュー[1]
  • 1982年11月、渡英、ストロベリー・フィールド、リバープール、ビートルズ・メンバーの生地などビートルズの「足跡」を訪ねる[1]
  • 1987年、マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長、CNNのテッド・ターナー会長などをインタビュー[1]
  • 1990年から4年間、ボストンに滞在して執筆活動をした。『ボストンに友人あり』を出版[1]
  • 1998年、マリリン・モンローゆかりの人々13名を取材した[1]
  • 2004年、『志高く 孫正義正伝』を出版[1]
  • 2007年、ニューメキシコでネイティヴ・アメリカンの生き方に触れ[要出典]、ナンシー・ウッドの『今日という日は贈りもの』を訳す。
  • 2008年渡英、ハリウッドと大統領との密接な関係を描くにあたって(『ポリティカル・セックスアピール―米大統領とハリウッド』)ロンドン大学のマーク・ウィーラー氏と対話を重ねた[要出典]
  • 2009年、ミシェル・オバマの育った町、シカゴ各地を取材[1]
  • 2010年、『志高く 孫正義正伝 完全版』(改訂・文庫化)配信サイト「アップストア」のダウンロード数が最初に1万を超えたのは、『志高く 孫正義正伝』(実業之日本社)の1万3千本[要出典]
  • 2011年、日本で初めてのフランク・キャプラ監督の評伝[要出典]『素晴らしき哉、フランク・キャプラ』を著す。
  • 2011年、NHK-BS「永遠のヒロイン」で放映されたヴィヴィアン・リー、マレーネ・ディートリッヒ、キャサリン・ヘプバーン、イングリッド・バーグマンの4大女優の番組内容に加筆した『永遠のヒロイン~ハリウッド大女優たちの愛と素顔』を著す[1]
  • 2012年、マリリン・モンロー没後50年、遺稿集『マリリン・モンロー 魂のかけら』を訳・解説する[1]
  • 2017年、 『とことん 孫正義物語』(フレーベル館)が刊行されました。

著書[編集]

  • 『若きアメリカ企業の勝利者―12人からの直言 』(KKベストセラーズ 1987年)
  • 『ボストンに友情あり 』(河出書房新社 1995年)
  • 『追憶マリリン・モンロー 20世紀最後の証言』(集英社1998年)
  • 『追憶マリリン・モンロー』(集英社文庫 2001年)
  • 『英語の花束』(実業之日本社 2004年)
  • 『志高く 孫正義正伝』(実業之日本社 2004年)
  • 『孫正義 世界一をめざせ!』(実業之日本社 2005年)
  • 『究極のマリリン・モンロー』(ソフトバンククリエイティブ 2006年)
  • 『あなたが夢をかなえる言葉』(イーストプレス 2006年)
  • 『志高く 孫正義正伝 完全版』(実業之日本社 2007年)
  • 『アメリカの原点、ボストンをゆく』(ソフトバンククリエイティブ 2007年)
  • 『ポリティカル・セックスアピール-米大統領とハリウッド』(新潮新書 2008年)
  • 『事を成す 孫正義の新30年ビジョン』(実業之日本社 2010年)
  • 『志高く 孫正義正伝 完全版』(実業之日本社文庫 2010年)
  • 『素晴らしき哉、フランク・キャプラ』(集英社新書 2011年)
  • 『永遠のヒロイン~ハリウッド大女優たちの愛と素顔』(NHK出版 井上篤夫 + NHK取材班 2011年)
  • 『志高く 孫正義正伝 新版』(実業之日本社文庫 2015)
  • 『私のマリリン・モンロー』(Kindle Singles 2016)
  • 『とことん 孫正義物語』(フレーベル館 2017)

訳書[編集]

  • 『涙と微笑みと』 (1977年) (集英社文庫―コバルトシリーズ) (リーン・ホール 1977年)
  • 『青春のロングシュート―スーパースターへの道 』(旺文社文庫)( K.A.ジャバー、1985年)
  • 『ベルーシ殺人事件―ハリウッドスターたちとドラッグの証言』 (集英社)(ボブ・ウッドワード、1985年)
  • 『エキセントリック・ピープル―英国奇人変人列伝』 (文藝春秋)(キャサリン コーフィールド、 1987年)
  • 『ベルーシ最期の事件―ハリウッドスターたちとドラッグの証言』(集英社文庫) (ボブ・ウッドワード 、1989年)
  • 『ビルとアンの愛の法則』 (ウィリアム・ナーグラー、アン・アンドロフ1991年)
  • 『シンデレラマン』(マーク・セラシーニ、竹書房文庫2005年)
  • 『いぬのちえ』(グレン・ドロムグール、2003年)
  • 『どうぶつと話したい』(ランダムハウス講談社 2006年)
  • 『今日という日は贈りもの』(ナンシー・ウッド 角川文庫 2007年)
  • 『ネイティヴ・アメリカンの教え』(ランダムハウス講談社 エドワード・カーティス写真 2007年)
  • 『ミシェル・オバマ ~愛が生んだ奇跡~』(アートデイズ 2009年 訳・解説)
  • 『マリリン・モンロー 魂のかけら』(青幻舎2012年 訳・解説)
  • 『Aiming High』 - A Biography of Masayoshi Son [iBooks Edition] (YouTeacher社) — 『志高く 孫正義正伝 完全版』英語版電子書籍がリリース。
  • 『マタ・ハリ伝 100年目の真実』(えにし書房 2017年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n プロフィール”. 井上篤夫の眼. 2017年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]