井上正蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 正蔵(いのうえ しょうぞう、1913年3月27日 - 1989年11月2日)は、東京出身のドイツ文学者

東京市京橋区(現中央区)新富町生まれ。東京府立高等学校卒、1935年東京帝国大学文学部独文科卒業。在学中、滝川事件が起こり、滝川シンパとして戦う。第11次『新思潮』に参加して小説を書く。卒業後大学院に残り、1937年専修大学講師、1942年興亜工業大学教授、1945年成蹊高等学校講師、1946年旧制東京高等学校専任講師、47年教授、1949年東京工業大学助教授、1955年東京都立大学助教授、63年教授、1976年定年退官、名誉教授、1977年成城大学教授。83年定年退職[1]

新日本文学会会員、マルクス主義の立場からドイツ文学にアプローチし、特にハインリヒ・ハイネや東ドイツ文学の研究・翻訳紹介で知られた。

著書[編集]

  • 『ハインリヒ・ハイネ 愛と革命の詩人』岩波新書 1952
  • 『ドイツ近代文学研究』三一書房 1955
  • 『ハイネ序説』未來社 1967
  • 『私のシュトゥルム・ウント・ドラング 「詩と真実」から』新日本出版社 1990
共著

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『ハイネとその時代』 朝日出版社 1977
  • 『夢と太陽』井上正蔵先生喜寿記念論集刊行会 1989

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『私のシュトゥルム・ウント・ドラング』略歴