中野大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中野大輔 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-10-10) 1982年10月10日(35歳)
生誕地 新潟県新潟市
種目 体操競技
代表 2003-2004
所属 朝日生命体操クラブ
学歴 洛南高校九州共立大学福岡教育大学大学院
 
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
2004 団体総合
テンプレートを表示

中野 大輔なかの だいすけ, 1982年10月10日 - )は元体操競技選手。

経歴・人物[編集]

6歳から体操を始める。幼年期にバレエの基礎を習得。体操のしなやかな演技に反映されている。

九州共立大学在学中、2003年(平成15年)のユニバーシアード大会で初代表入り。翌2004年(平成16年)アテネオリンピックでは唯一の大学生として代表に選出される。中野は最終選考のNHK杯において得点では佐野友治に次ぐ7位であったが、種目別のポイント集計(ゆか・跳馬を重視)で佐野を上回り、レギュラーとなる。アテネ五輪では、団体優勝。

2005年(平成17年)4月福岡教育大学大学院に入学。同年末に、右手首を手術して以降は低迷が続く。2008年(平成20年)4月北京オリンピック代表第2次選考会に参加するも右肩肉離れの負傷のため途中棄権、オリンピック連続出場の夢を断たれた。2009年(平成21年)4月、塚原体操センターに入社し、朝日生命体操クラブ所属となった。

2011年9月に行われた全日本社会人選手権で右膝の靭帯を断裂。2012年3月10日に現役引退を表明。

引退後は、体操教室「中野大輔体操スクール」の運営のほか[1]、2015年より ヒーローショー「ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル」に出演している[2]

主な戦歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中野大輔体操スクールバディ
  2. ^ アクロバトルクロニクルとはウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]