中村健治 (アニメ演出家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 健治(なかむら けんじ、1970年3月25日 - )は、岐阜県大垣市出身のアニメーション監督演出家[1][2]タツノコプロ所属[3]

経歴[編集]

大学卒業後に他業種企業でのサラリーマン生活を経験した後、代々木アニメーション学院に入学。[3]アニメ業界に入った当初はアニメーターだったが腱鞘炎により断念し、制作進行を経て演出家となり、東映アニメーションに所属した。その後、フリーとなり、『The Soul Taker 〜魂狩〜』の演出を終える頃、細田守に誘われ『ハウルの動く城』に演出助手(のちに監督補)として参加(本作は諸事情により製作中止となり、後に宮崎駿の手で改めて製作される)。2006年に初監督を務めた「化猫」(TVシリーズ『怪 〜ayakashi〜』内の一篇)が注目を集め、2007年にはその続編となる『モノノ怪』の監督を務めた[1][2]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]