中村よお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 よお
出生名 中村 陽
生誕 (1953-09-11) 1953年9月11日(69歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
ジャンル フォーク&ロック
職業 シンガーソングライター
作家
ラジオパーソナリティ
公式サイト 中村よおOfficial Website

中村 よお(なかむら よお、本名:中村 陽1953年9月11日[1] - )は、兵庫県出身のシンガーソングライター著述家、元ラジオパーソナリティ神戸在住。

人物[編集]

  • 1970年代より、シンガーソングライターとして関西のライブハウス等を中心に活動中。
  • 並行して著述業、コンサートのプロデュース、フリーペーパー「トオリヌケ・キ」の発行(1985年~2014年)、DJ、大学講師など様々な活動を行ってきた。
  • 1970年代から「トオリヌケ・コンサート」を神戸市、芦屋市明石市等で企画・主催してきた。
  • 雑誌「レコード・コレクターズ」、「ミュージック・マガジン」、「en-taxi」などに音楽関係その他の記事を執筆している。居酒屋や町に関する著述も多数。
  • 1998年からエフエムわぃわぃでラジオでの活動を開始、2005年10月からラジオ関西中村よおのトオリヌケ・ストリート」のパーソナリティを担当していた。また2009年10月からは同局の番組「ジャズライブinソネ」のパーソナリティも担当した(中村の担当は、2010年3月をもって終了)。2013年1月に「中村よおのトオリヌケ・ストリート」が終了して以降はラジオパーソナリティとしての活動は行っていない。
  • 2017年7月19日19時35分頃、東海道本線JR神戸線三ノ宮駅のホームで、歩きながらスマートフォンを見ていた55歳の女性に、すれ違いざまに肩からぶつかり転倒させる。女性は頭蓋骨骨折で一時意識不明になる重傷を負った。中村はそのまま立ち去ったが、翌20日にも同駅で別の男性客と歩きスマホに関する口論を起こし、その際の任意同行で19日の容疑の逮捕に至った。中村は「自分から体当たりしたのではない」「スマホを見ながら歩いている相手が悪い」と容疑を否認している[2]。しかし駅の防犯カメラには中村が進路を変えて女性に向かう様子が撮影されていたという[3]

ディスコグラフィ[編集]

(すべて販売(株)メタカンパニー)
  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 レーベル・備考
1st 1988年(自主制作LP盤)
1999年10月22日(再発)
2013年2月17日(再々発)
中村よお HLP-001(再々発) リイシューでボーナストラック2曲収録
(1978年4月27日ライブ音源)
2nd 2002年8月12日
2013年2月17日(再発)
20年後の神戸で逢いたい HLP-002(再発) リイシューでボーナストラック2曲収録
(2011年12月1日2012年7月3日ライブ音源)
3rd 2013年2月17日 ヘンリー・ミラーのように HLP-005
- 2017年1月15日 初期の中村よお HLP-0003
HLP-0004

DISC1

DISC2

1st発表前のスタジオ・ライブ音源集

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 中村よお 『バー70’sで乾杯―失われた夢スポットの記録』ビレッジプレス、1994年6月。ISBN 978-4938598303 
  • 中村よお 『関西フォーク70’sあたり―僕が時代の風に吹かれた頃』幻堂出版、2003年5月。ISBN 978-4944236176 
  • 中村よお 『KOBE街角通信』幻堂出版、2004年4月。ISBN 978-4944236213 
  • 中村よお 『洋楽ROCK関西実況70’s―生で聴いた洋楽ROCKアーティストたち』幻堂出版、2005年4月。ISBN 978-4944236244 
  • 中村よお 『肴(あて)のある旅―神戸居酒屋巡回記』創元社、2006年8月1日。ISBN 978-4422250458 
  • 中村よお 『昭和フォーク&ロック音楽堂―Japanese good time music』青幻舎、2008年2月20日。ISBN 978-4861521416 
  • 中村よお 『HEART OF GOLD―中村よおマンガ集』ビレッジプレス、2017年1月14日。 

出典[編集]

  1. ^ 神戸本100に選ばれました!”. 中村よおOfficial Website (2017年7月13日). 2017年7月23日閲覧。
  2. ^ “63歳男“歩きスマホ”女性に体当たり…頭蓋骨骨折で重傷「相手が悪い」(2/3)”. SANSPO.COM. (2017年7月23日). https://www.sanspo.com/article/20170723-4ZBP7EJCTZK5HEYAPI7NBTFYVI/2/ 2017年7月23日閲覧。 
  3. ^ “三ノ宮駅ホームで体当たり、女性重傷 作家、傷害容疑”. asahi.com. (2017年7月22日). http://www.asahi.com/articles/ASK7Q3H84K7QPIHB007.html 2017年7月23日閲覧。 

外部リンク[編集]