中尾憲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中尾 憲太郎
別名 ナカケン、憲ちゃん
生誕 (1974-06-17) 1974年6月17日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
学歴 九州産業大学芸術学部中退
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
ポスト・パンク
ポスト・ハードコア
職業 ベーシスト音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
活動期間 1995年 -

中尾 憲太郎(なかお けんたろう、1974年6月17日 - )は、福岡県北九州市出身のベーシスト音楽プロデューサーである。

向井秀徳田渕ひさ子アヒト・イナザワと結成したナンバーガール(ベース担当)でデビュー。ナンバーガール時代は「中尾憲太郎〇歳」と名乗っていた。愛称は「ナカケン」「憲ちゃん」。 九州産業大学芸術学部中退、大学の同級生には漫画家の岸本斉史がいた。

ナンバーガール解散後は主にCrypt CityやSEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HERyounGSoundsSPIRAL CHORDSLOTH LOVE CHUNKSタイガンART-SCHOOLのサポートメンバーでベースを担当、MASS OF THE FERMENTING DREGSdry as dustThe SALOVERS撃鉄快速東京THE GIRLコンテンポラリーな生活等のプロデュースも行っている。

来歴[ソースを編集]

友人に頼まれて何となくベースを始めたが、ザ・クラッシュニルヴァーナに出会い本気で音楽を志す。

その後、大学を中退しライブハウスで照明のアルバイトをしていると、友人の向井秀徳ナンバーガールに誘われる。

向井は中尾の「ルードかつ直線的なベースが欲しい」と言って誘ったが、実際は様々なプレースタイルをこなせる。

田渕ひさ子と中尾の出会いは、田渕がコズミック・チェリーというバンドで活動していた時に、照明のバイトをしていた中尾が「ライブ観て、カワイイと思いました」と言ってきたのが最初の出会いだと田渕は言っているが、本人は否定している。

ナンバーガール時代はしょっちゅう髪を坊主にしていた。理由はeastern youthの吉野寿に憧れた為であったり、シングル「URBAN GUITAR SAYONARA」のPV撮影の為であったりと様々である。髪型が変わる度にベースも代わっていった。

「CIBICCOさん」のPVでは相手役の女性に、口に含んだ水をかけられ、その後ビンタまでされるというシーンでなかなかOKが出ず、何度もやり直させられたりとの目に遭わされた。

アメリカのガレージパンクバンドen:Supersuckersの大ファンで、彼の「中尾憲太郎○歳」という名前は、同バンドのギタリストであるダン・ボルトンがやっていたのを手本にしている。

社交的な性格で、レコーディングで訪れていたフレドニアのバーでもその社交性は発揮され、よく現地の人に声をかけられたという。

クラムボンのベーシストのミトとは交流が深い。

MOSH PIT ON DISNEYシリーズで、MONTEROZA 4950という企画バンドを組んでいた事がある。 メンバーは、HUSKING BEEの平本レオナ (Drum, talking the lylics)、中尾憲太郎 (Bass, Guitar)、toeの山嵜廣和 (Guitar) 、クラムボンのミト (fender rhodes, glockenspiel)。

外部リンク[ソースを編集]