下田僚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下田 僚(しもだ りょう、1950年(昭和25年)[1] - )は、日本心理臨床家

来歴[編集]

新潟県長岡市出身。母方の血続きに「北越雪譜」や「秋山記行」などで知られる江戸時代後期の文人、鈴木牧之がいる。伯父下田一郎大日本帝国海軍軍人、(海軍兵学校第66期・第三二一海軍航空隊月光夜間戦闘機隊飛行隊長・戦死)で、阿川弘之著「山本五十六」や豊田穣著「ミッドウェー戦記」、淵田美津雄奥宮正武著「機動部隊」等にもその名が登場する空戦の士であった。下田は新潟県立長岡高等学校に学んだが、同校の前身である旧制県立長岡中学校は山本五十六と伯父一郎の母校でもある。1年時に下田は、かつての伯父一郎と同じく柔道部に所属し、稽古の際には伯父の遺品である柔道衣を着用することを誇りとしていた。

高校卒業後入学した国際基督教大学(ICU)では、文化とパーソナリティ研究で知られる星野命の許でロールシャッハ・テストの研究を行っている。その後、同大学大学院に進学し、引き続きロールシャッハ研究に携わるのと並行して、盲聾啞重複障害児の行動形成の研究で知られる梅津八三から心理学の理論的枠組みを、また日本にロジャーズ理論を導入した1人である都留春夫からクライエント中心療法のアプローチを学んだ。この3人の心理学者との出逢いは、下田の心理臨床家としてのアイデンティティ形成に深い影響を及ぼすこととなる。大学院時代の同期生には、国立特別支援教育総合研究所(旧国立特殊教育総合研究所)において梅津八三の研究を継承し発展させた中澤惠江(現学校法人横浜訓盲学院長・全国盲ろう教育研究会会長)がいる。

ICU大学院教育学研究科博士前期課程修了後、法務省心理技官、開業心理臨床家等を経て、中央大学文学部大学院文学研究科教授(2019年3月末まで)。臨床心理士専攻臨床心理学、犯罪非行心理学。人間の変化・成長の契機としての心理カウンセリング心理療法等臨床心理面接の治療構造を研究の対象としている。心理臨床のオリエンテーションは折衷的乃至は統合的。ロジャーズのクライエント中心・人間中心アプローチをメタ理論に、アイヴィのマイクロカウンセリングをメタ技法に据えている。認知行動的アプローチ、深層心理学トランスパーソナル心理学的アプローチも含めた統合的なアプローチにより心理臨床を究めることを目指している。

著書[編集]

単著
共著
分担執筆

論文[編集]

学術論文(単著のみ掲載)
  • 臨床心理面接におけるクライエントからの贈り物に関する倫理的配慮 教育学論集 第58集 2016年 (ISSN 0286-9373)
  • 臨床心理面接の料金に関する倫理的配慮 教育学論集 第57集 2015年 (ISSN 0286-9373)
  • 臨床心理面接における料金の意味(2)―クライエント中心療法の視点― 教育学論集 第54集 2012年 (ISSN 0286-9373)
  • 学校臨床場面における認知行動療法―クライエントのニーズに応じた援助の組み立て― 教育学論集 第53集 2011年 (ISSN 0286-9373)
  • 臨床心理面接における料金の意味 教育学論集 第51集 2009年 (ISSN 0286-9373)
  • スピリチュアル・エマージェンスとしてのクンダリニーの覚醒をみた事例―トランスパーソナル心理学からの知見を援用したカウンセリング― こころの健康(日本精神衛生学会誌) 第21巻2号 2006年 (ISSN 0912-6945)
  • 佐世保小学6年生女児殺害事件における加害女児の心理についての考察 司法福祉学研究 第5号 2005年 (ISBN 978-4-87798-278-2)
公刊論文(単著のみ掲載)
  • 非行に走る子どもたちと表現教育―心理臨床パラダイムからの一考察― 季刊人間と教育 第62号 2009年 (ISSN 1343-7178)
  • 発達障害の受容に向けての支援を考える―スクールカウンセラーの経験を通して― 季刊教育法 第146号 2005年 (ISSN 0913-1094)
  • 子どもと学校は今―犯罪非行臨床の経験を踏まえて― 季刊心理臨床 第9巻2号 1996年 (ISSN 0916-4065)
  • アメリカ合衆国における行刑の現状―若干の統計と受刑者分類制度の概況― 刑政 第95巻4号 1984年 (ISSN 0287-4628)

脚注[編集]