三条実治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
三条実治
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安3年12月6日1651年2月6日
死没 享保9年8月12日1724年9月28日
改名 季房、実通→実治
別名 号:暁心院観照
官位 従一位左大臣
主君 後西天皇霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 三条家
父母 父:三条公富
兄弟 実治、法雲院、宗義真養女
公兼公充井伊直通正室
テンプレートを表示

三条 実治(さんじょう さねはる)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿右大臣三条公富の子。官位従一位左大臣三条家22代当主。主に霊元天皇(112代)・東山天皇(113代)・中御門天皇(114代)の三代に亘り仕えた。号は暁心院観照。

経歴[編集]

三条公富の子として誕生。初名は季房実通

明暦元年(1655年)、叙爵。清華家三条家の当主として速いスピードで昇進し、寛文8年(1668年)には従三位となり公卿に列している。権中納言権大納言神宮伝奏踏歌節会外弁などを歴任。天和3年(1683年)には霊元天皇中宮鷹司房子中宮大夫となり、貞享2年(1685年)には右近衛大将を兼務。貞享4年(1687年)に中宮大夫を辞した。元禄2年(1689年)、実治に改名した。

元禄6年(1693年)に内大臣に就任したが、同年のうちに右近衛大将と内大臣を辞職。さらに宝永元年(1704年)には右大臣となったが、やはりすぐに辞職している。宝永2年(1705年)に従一位を授与された。正徳5年(1715年)に左大臣となったが、やはりすぐに辞職。

享保9年(1724年)、薨去。享年75。