三条公充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
三条公充
時代 江戸時代中期
生誕 元禄4年1月23日1691年2月20日
死没 享保11年9月17日1726年10月12日
官位 従二位権大納言
主君 東山天皇中御門天皇
氏族 三条家
父母 父:三条実治
兄弟 公兼公充井伊直通正室
井伊直興
三条実顕
テンプレートを表示

三条 公充(さんじょう きんあつ)は、江戸時代中期の公卿左大臣三条実治の子。官位従二位権大納言三条家24代当主。東山天皇(113代)・中御門天皇(114代)の二代に亘り仕えた。

経歴[編集]

兄・公兼元禄13年(1700年)に突然官位を止められたため、かわって三条家の当主として叙爵。朝廷へ出仕することとなった。以降累進して、宝永2年(1705年)に従三位となり公卿となる。

権中納言踏歌節会外弁を経て、享保2年(1717年)に権大納言に任じられたが、享保4年(1719年)に辞職した。享保11年(1726年)、薨去。享年36。甥で公兼の子・実顕が三条家を相続した。